ゲーム紹介サイトを作ります。
従来はインベーダーゲームで、モニター上の上でプレイ可能なゲームは火がついて
任天堂のファミリーコンピューターで家庭用ゲーム機がパソコンの普及よりも前に、進展した土俵があります。
逆に昨今でもカードゲーム(トレーディングカードのようなジャンル)が存在していることも引っかかるポイントです。

メインのテーマ

https://nufufu.com/household-appliance/game/以下のカテゴリーとしては、ゲームソフトやPCで使う機器に関する案内になっています。

  1. PCゲームについて
  2. オンラインゲームについての記事
  3. 家庭用ゲーム機について

家庭向けゲーム機の波乱の時代

1990年代はPCエンジン、スーパーファミコン、任天堂64、3DO、セガサターン、プレイステーション、他各種ハードがひしめき合っていました。
その後もプレイステーションやセガサターンなど家庭用ゲーム機器はソフトがカートリッジから光学ディスクへと変わり従来のカードROMよりも安価な大容量低価格帯のソフトが流通したりグラフィックのカラーが増えるばかりか、3D処理もこなしたり、して進化していきました。一般的に家庭向けにパソコンが普及しだしたのがWindows95以降だったと記憶しているのですが、2000年度以降、PCの価格が安くなる一方で家庭用ゲームのハード自体は2万円~5万円近い物まで多様な展開を見せていました。

家庭用ゲーム機としてプレイステーションが一人勝ちしてPS3の投入語ハードディスクや、BD(ブルーレイディスク)ネットにつなげることも当たり前となり、家庭用ゲーム機器は実に高いスペックを標準で搭載するにいたりました。

ハードの多様化

2010年度以降は、家庭用ゲーム機、パソコンゲーム、オンラインゲームに携帯ゲーム機器に最近ではスマートフォンなどの携帯電話でも利用可能なソーシャルゲームの台頭があり、ゲーム自体は実に幅が広くなっています。
既に簡易なゲームの提供はソーシャルゲームなどのジャンルに見られるように、アプリ開発と提供が比較的容易になったこともあり、参入する企業はごろごろしています。

家庭用ゲーム機市場

家庭用ゲームソフトは、3Dが発展普及したためか、大型の開発費がかかったりすることで、ゲーム性などよりもシナリオや描画の方に気を取られがちで、あまり純粋なゲーム性やインターネットという媒体をうまく消化できていない面も感じられたりします。
今後ゲームを取り巻く環境がどのようになっていくのかは未知数ではありますが、衰退だけはしないでほしいなとただ思うばかりなのでした。
公開日時: 2011年11月10日 @ 10:46

追記

2013年度時点では、当初はパズル&ドラゴンズなどが注目株だったものが、
4月になると艦隊これくしょんというDMM.comが運営するゲームが支持を獲得していたりする。
片方では本格なオンラインゲームとして夏にファイナルファンタジー14が再度提供開始(販売)されたりして、インターネット上のゲームはそれなりに活気だ。
しかし余り画期的な進化は無い。
最近ではスマートフォンの普及率が増えてiOSと、Android端末で2013年度末にはドラゴンクエストシリーズの旧作が提供開始されるということが発表されたらしい。一重に、スマートフォンがここ数年でマルチCPUなスペックを平然と搭載してきたハイスペックへの性能向上も貢献していると感じられる。
携帯ゲーム機(ポータブルゲーム)がスマートフォンのスペック高上によってシェア争いが酷くなりそうな予感もする。
家庭用向けハードでも、ソニーのPS4の発売が色々といわれていたりするが、ゲーム業界もそろそろ多少淘汰されてもいい感じがする。
2013年11月26日 @ 14:14

  1. PCゲームについて
  2. オンラインゲームについての記事
  3. 家庭用ゲーム機について