拡張現実の端末とそのサービス
例えば、スマートフォンや一部携帯ゲーム機でARに対応した端末が2011年くらいから出始めた。
しかしながら2013年度時点においては店舗向けサービスが一部で手探りな感じで開始ししたといった報道しか聞かれない。

ARに期待すること。

現状いきなり導入するにもシステムを構築する初期投資費用や端末の価格が高いという点でもネックな部分があるのではなかろうかとも思う。
現実世界に端末を使用することでデジタルデータと合わせて各種情報を取得・利用したりすることが可能なので、プライベートな生活だけでなく、色んな業種やシーンでの応用が期待できるジャンルであったりもする。

ARとアニメ

ARを知るための創作ものの作品としては
電脳コイルや、アクセル・ワールドがwikipediaでは記載されているが、広義な意味で探せばもっと多いとは思うがこの2作品はARの描写が顕著ということがあるのだろう。
アクセル・ワールドと、ソードアート・オンラインというオンラインゲームが舞台のライトノベル
3Dグラフィックスやタッチパネルなどの進化は、1990年代には当たり前になかったものが2000年代後半にはお手ごろ価格の値段で高機能な物が手に入れれている。当初ゲームが3D化したころがポリゴン主体の3Dグラフィックだったことを考えても、最近の3DやCGのスペックは計り知れない進化だ。
ハードとソフトといった時点で今後、10年-20年というスパンであればかなり進化することに期待したい。

  • ゲーム関連記事
  • オンラインゲームでも諜報機関が諜報活動する時代。