家庭用ゲーム機というと、元祖は、ファミリーコンピューター(通称ファミコン)ですね。

現代では、プレイステーションや、Xboxなどが存在しています。
ファミコンは、任天堂が販売していたゲーム機であり、日本国内のみならず世界的なヒットした錯体でした。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

新しいハードの時代。

90年代に入り
任天堂はファミコンから新しく、スーパーファミコンを投入
携帯できるゲーム器のゲームボーイ。
その後、各社から、3DOやメガドライブなどが販売されたのも90年代初期。

    さらに90年代半ばになると、

  • ソニーのプレイステーション
  • セガのセガサターン、⇒ドリームキャスト
  • これらによるゲーム業界のシェア取り合戦が激化しました。

結果としてはセガがゲームハード業界からは撤退
その後マイクロソフトがXboxなどで攻めてくるので
最初から、世界シェアでのゲームハードのシェア争いが展開されることになります。

インターネットの普及で変わったゲーム業界

2000年代以降になると、
そのごスクウェアとエニックスが合併という話題があり、日本国内のゲームハードメーカーは、スクエニか、任天堂かという2社の競合が存在する形になりました。
米国からはマイクロソフトのXboxも現存。

オンラインゲームの普及

90年代半ばからWindowsパソコンが一気に普及した事とインターネット回線の普及が目立つ現象として出てきた。
同様に、片方では、インターネットインフラがそれまでのダイヤルアップ接続から変わってISDN回線になったり
その後は更に高速のADSLが日本国内に普及した為、各世帯のPC保有率が高くなりました。
結果として2000年代には、オンラインゲームが普及し、
2005年頃にはハンゲームのアバター転売詐欺などがYahooオークションで行われていたことが、ニュースになっていたりしました。
オンラインゲームの普及に家庭用ゲーム機とソフトメーカーは後れをとったと言わざるをえない状態だったと言えます。