LGBTという単語について紹介します。
LGBT (えるじーびーてぃー)とは?

LGBTとは

    LGBTとは 

  • レズビアン(女性同士の同性愛者)
  • ゲイ(男性同士の同性愛者)
  • バイセクシャル(異性愛・同性愛 どちらも可能な人)
  • トランスジェンダー(性同一性障害や、異性装者など)
  • これらの頭文字の事。

性の多様性については1990年代ごろに埼玉医大が「性同一性障害」について性転換に乗り出したことが大きなきっかけではある。
昔からホモセクシャルやレズビアンといった同性愛は存在していたし
女性の恰好をする異性装者は多々いた。
女装そのものは歴史を振り返ると記録はかなりの昔から存在する。

同性愛

LGBTの中でLとG、Bに該当する言葉。
同性愛者については理解が遅く2000年以降まであまりテーマに上がる事は無かった。
欧米での同性愛者の結婚を可能にする州などが出たことから気運が拡大した。
しかし世界的に考えても異性愛者を普通で正しいことだという根本的な文化圏が大きくない為
世界規模で考えると少ない比率だといえる。

  • 国による文化的なデメリット
    同性愛に関して、国によっては厳しい罰を受ける宗教や文化の国も存在する。
  • 法的なデメリット
    同性婚が出来ないと同性同士のカップルは異性愛者のカップルよりも税金面で負担が大きかったり保険のデメリット、婚姻関係が無いことでの夫婦のような待遇が受けられない支障が存在する。
  • LGBTに対する偏見と無理解

    現に偏見や誤解は多く日本国内ですら正しい知識を持っている人はほとんどいない。
    その反面BLだとかやおい、マスメディアでのネタキャラ(色物)としての文化などは根強く、
    正しい知識を覚えるには遠い感じは否めない。

    LGBTの人々を社会から­排除するとどんな損失が生まれるのでしょう?

    「LGBTに生産性が無い」支援は必要ないといいきった自民党「杉田 水脈」
    文字「LGBT(えるじーびーてぃー)」