LGBTについて
一般的に男性は女性を好きになり男性を好きになる事は無い。
女性は男性を好きになり、女性を好きになる事は無い。
恋愛対象としてのことだ。
LGBTに関しては少数派で多数派とは違う性のありようが存在する。

生物学的な「性別」SEXは、人類は変化することはない。
胎児が作られて体内で育つ中で一度決定された内性器・外性器は、固定であり
雌雄が変化する動物のような特徴は一切ない。
ISとよばれる性別に関しても性器が不明瞭なだけで、生殖能力が男女で存在することはほぼ無い。

性指向

性自認は変化することが有る。

同性愛

L:レズ
女性同士の同性愛者。
https://withnews.jp/article/f0180406003qq000000000000000W03j10101qq000017134A

G:ゲイ

G:ゲイは、男性の同性愛者。
ホモセクシャルなど。
一部でホモが蔑称だと勘違いしている輩がいるがホモセクシャルの短縮形で侮蔑ではない。
侮蔑に扱かったのは日本のメディアである。

B:バイセクシャル

B:バイセクシャルは同性愛のことと異性愛が可能な人。
男女、どちらでも好きになる事が可能な人。(タイミングによって変化したり好きな人の性にとらわれないとも解釈できる。)
この辺りで混乱を招く常人(ステレオタイプ)は多い。
女性でも男性でも好きになる事がある人の事。
ここでは、性指向が時期やタイミングで変化することも認識しておきたい。
※間違った考え方に性指向が生まれつき固定されていると妄想で凝り固まったバカが存在しているがこれは間違いだ。

性別が完全ではない根拠

「性」が外性器だけで判定できると考えてる一般人もバカなのだ。
性器嫌悪を抱く人がいる。

T:トランスセクシャル

異性装者から性転換を望む人まで幅が広い症例の人たち。
中には、同性愛者もいたりするため傍目からは推測しにくい。

IS

中性のIS(インターセクシャル)も居たりするため、トランスセクシャルも含めて考えると昏迷を増す。
インターセクシャルは半陰陽であり男性と女性の性別が医学的に判定しにくい状態のこと。
一般的には自らの性の自任について判定されることが推奨される。

基本差別主義の無理解者たち

LGBTが理解できないとかいう人は差別を簡単にする人だろう。
自分さえ良ければよいというライフスタイルが見て取れる。
嫌韓とかも多分ちっとも気にしないし検索すらしない脳みその人だと思う。
その上で傷つけることは平気でする。
目が見えない人だとか、
妊婦マークつけて電車利用している人とかの意味を全く理解しようとする姿勢が無い人たちだからこそ
煽り運転とかで他のドライバーに攻撃しかけるようなバカになるのだろうな。
こういう人たちこそがLGBTキモチワルイという人なのだろう。
猿にPC渡して、WEBサイト作ってくれという頼みごとが出来ない程度に無知なので
こういうバカどもが今の日本の過半数なのは本当アホの国だよなとは思うわ。

LGBTの人々を社会から­排除するとどんな損失が生まれるのでしょう?


「LGBTに生産性が無い」支援は必要ないといいきった自民党「杉田 水脈」

文字『LGBTについて勘違いとかが多すぎることについて』
文字『LGBTについて勘違いとかが多すぎることについて』