はてな匿名ダイアリー に2016-11-08づけで投稿されている
■娘から学んだドライヤーテクニック というタイトルの記事の本文にある
3歳でも立派な女性という文章が気持ち悪い

女性感おしつけ

3.3歳でも立派な女性

ドライヤーに近づかない娘には「ボサボサのままではプリンセスになれないよ」と。
ドライヤーの最中に飽きてきた娘には「少しずつプリンセスに近づいているよ」と。
終わったあとには抱きかかえて鏡を見せて「素敵なプリンセスに変身したよ」と。
それからはすっかり上機嫌で、楽しく応じてくれるようになりました。
例え3歳でも、しっかりとレディとして対応する必要があるということなのですね。

だからママ心配しないで。
男一人だとわからないことだらけだけど、娘は本物のプリンセスみたくすくすく育っているよ。
http://anond.hatelabo.jp/20161108151844

ジェンダーフリーな思考回路ではなく3歳から女性像を娘に押し付けている親って・・・
不気味
ただステレオタイプな人たちが普通にそういう思考回路なんでしょうけども、
最初から男女感ありきで育てているのって変だよなと思うわけです。
「進学しても女の子はキャバクラへ」自民党の赤枝恒雄衆院議員
こういう感じの古臭いおっさん臭な考えがクサイという匂う記事だ。

髪型

男の子は短髪
女の子は長髪
という価値観はステレオタイプの文化の価値観の押し付けでしかないわけですよ。
普通に女の子でも坊主でいても有りだったり、許容できる社会ではないのが許しがたい気がする。

成長してもガンジガラメの性の文化

このまま小学校入学してもランドセルは
男の子は黒
女の子は赤という
旧式スタイルを何の迷いもなく買い与えそうである。
さんかれあに出てくる父親みたいなパターンになってほしい。