電話を使った業務は受信・発信に大きく分かれる。
受信は、既存会員のお問い合わせやヘルプセンターとしての役割。
後者は、営業目的の発信が多い。

1日300本も営業電話を架けれるのか?ということについて解説したい。

「1日300件電話をかけさせられ…」過酷な営業マン時代にトレエン斎藤が学んだこと

 僕は楽天時代、車関係の部署にいたんですが、上司からカーセンサー(中古車情報誌)を渡されて1日300件ぐらい営業の電話をさせられてました。「うちに広告を出しませんか」って片っ端から売り込んでいくんですけど、体力的にも精神的にもめちゃめちゃしんどかったですね。

これは営業であったからかけることが出来る本数。
予約が無い客先に発信する場合は断られる可能性が高い
法人相手の営業である場合には
「営業」というだけでNOで終わる場合が殆ど。
個人相手の営業のように少し粘ってトークするのも無駄である。

車販売の会社相手だと9時から遅くても20時くらいまでが営業時間だろうか。
短く見積もると17時~18時くらいからは閉めにかかる店舗も考えると、かけても繋がらない数は増える印象もある。

会員向けだと本数はもっと少なくなる


既存会員向けの電話であればこんなに本数をかけることは不可能。
会員向けなどであれば発信できる時間帯は9時~21時だろう。
その時間帯に発信できる数となると、100本程度が限界だ。
留守・不在・通話ができて目的成し遂げる通話時間の内容にもよりますが、単純な通話ですむのであっても
11時間程度の稼働でかけることが可能なのは100本くらいが限界値。

発信本数よりも成約件数


電話営業の場合どうしても数で語られる成功伝が多い。
ただしどんな営業でも最後に評価されるべきなのは、成約率だ。
件数が取れないと何の意味もない。
300本かけて10件とれるのと
100本かけて15本とれたのでは
後者の方が明らかに効率がいい。
数だけ協調するのは何の納得材料にもならない。


テレマーケティング比較・検討サイト 【テレマーケティング一括.jp】

派遣・紹介予定派遣なら【マイナビスタッフ】