美粧 と本体に刻まれているステンレス素材の毛抜き。
特大の大きいサイズ
美粧 と本体に刻まれているステンレス素材の毛抜き。
特大サイズのを買ってみた。
スーパーで特産品のような売り場で 金属製品各種販売しているところで数種類販売されていたものの内の一つ。
価格は398円程度した筈

スポンサード リンク

動画


美粧 ステンレス毛抜き特大サイズ :写真と動画

使った感想

毛の掴み具合は適度に良い。
細かい毛の処理には向いていないが大雑把にキャッチしたい毛の抜きようととしては、このサイズは楽。
ただ普通に一般的には市販されている店舗見かけないのが難か。

毛抜きのデメリット

長年使用していると毛と毛を挟む刃の部分がかみ合わせが悪くなること。
バネ部分も反発が弱くなりヘタレてくることがある。⇒最悪摩耗して折れることも。
毛抜きの耐久年数は永遠ではない。
ステンレス製であることから長持ちはしますが、強度は金属なのでいつかは使えなくなる。
ある程度の時期が来たら買い替えも必要だ。
※剃刀ほど摩耗しないので耐久性は高いのでコストは安い。

毛抜きの注意点

毛抜きによる脱毛の注意点として

埋没毛が発生する可能性があること。
剃毛よりも、毛が皮膚の下に埋まりやすいこと。
これは変に脱毛するからなのか、不自然に切れるからなのかは不明。
ひとまず脱毛による除毛は好ましくはない。

毛抜きは、レーザー脱毛と相性は悪い。
レーザー脱毛を併用している場合には毛抜きによる除毛は天敵だ。
1本だけ目立ったムダ毛があるからといって毛抜きで抜くと次回レーザー脱毛する際にレーザーが該当の毛穴に当たらないため、再度生えてくる可能性が高くなる。
この場合には、かみそりなどでの剃毛が好ましい。

脱毛器ケノン