元々ドローンは、危険視されていた。
2015年4月22日 ここにきても、ドローンが首相官邸に落下したとのことでこの危険性は確実なものになってしまった。
今後どういう法整備や検討が行われるのかが気になるところです。

スポンサード リンク

官邸屋上に「ドローン」 微量の放射線検出

4月22日 14時35分

22日午前、総理大臣官邸の屋上に、小型の無人機「ドローン」が落下しているのが見つかり、取り付けられていた液体の入った容器から微量の放射線が検出されました。
放射性物質のセシウムが含まれているとみられ、警視庁は詳しい分析を進めるとともに、何者かが官邸の上空で意図的にドローンを飛ばした疑いがあるとみて調べています。

動画


動画

ニュースでは「日本の危機管理能力が問われる可能性が」などと伝えている。
爆発物は無いということだが、
セシウムを含む物体を積んでいたとのこと。
対象のドローンは、ファントムと呼ばれる1期中数万円の機体だと見られている。機体のサイズは直径50cm程だったとのこと。
落ちたタイミングも不明。
発見した理由が、新人研修の際に屋上に行ったら該当のドローンを発見したとの事。
総理官邸は空への警戒を強めるとしている。(従来空からの攻撃だとか危険な可能性はザルだったと認めた形になる。)

ドローンとは?

ドローンは自動で飛行する機体のこと。
有名なのはアメリカのAmazonが配送に使おうとしたことで注目されたのがドローン。


I/41tPUFAHzpL._SL500_.jpg” alt=”Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (イエロー)” align=”right” border=”0″ />

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (イエロー)

  • メーカー: パロット
  • 発行日:2015-04-03


  • Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (イエロー)


    I/51eWXGT6zAL._SL500_.jpg” alt=”無人暗殺機 ドローンの誕生 (文春e-book)” align=”right” border=”0″ />

    無人暗殺機 ドローンの誕生 (文春e-book)

  • メーカー: リチャード・ウィッテル,赤根洋子・訳,佐藤 優・解説
  • 出版社: 文藝春秋
  • 発行日:2015-02-25
  • 無人暗殺機 ドローンの誕生 (文春e-book)
    戦闘機や犯罪に使われる可能性が危惧されている機体でもある。
    例えば爆薬搭載させて、ドローンなどを突っ込ませたらそれだけでも
    火災や人に危害を加える可能性があるし、
    他にも盗撮する可能性もあるわけで危険すぎる代物だったりする。
    そのうえで、犯罪に使われたとしても、機体の所有者特定が困難であることが指摘されていた。
    飛んでいる飛行物体を人が捕まえる事もできないため悪用されやすい物だということが最大の難点でもある。
    高度が高いと目で捉えることも出来ないためだ。

    それでもあまりドローンを用いた不当な行為が報道されていなかっただけなのか?
    或いはそこそこの事件は起きていたのかなどは気になる疑問点だ。

    通販サイトで検索すると

    Amazonで『ドローン』を検索。
    というように普通に通販で売られている商品も存在する。
    これは各種アイテムを取り付けて飛ばすことも可能で空撮が簡単にできる小型飛行機なのだ。ラジコン型のものと、自動飛行するものが半々。

    官邸、皇居周辺の警備強化=操縦者警戒、ビル屋上も―セシウム分析本格化・警視庁

    時事通信 4月23日(木)5時20分配信

    周辺の防犯ビデオの映像を解析するなどして、威力業務妨害容疑での立件を視野に捜査する。

    威力業務妨害らしい。
    (セシウムが入った筒が合ったからだろうとはおもいますが、ドローンが墜落して威力業務妨害にはならないのか疑問視してしまう。)