最近のお風呂は追い炊きが出来ないお風呂が多々ある。この為お湯を再度追加しても冬場は水が温まりにくいので湯につかりたくても家族や二人暮らしなどではどうしても温度が下がってしまいやすいものです。こういうとき追い炊きが簡単に可能なグッズがあったので紹介します。

スポンサード リンク

風呂バンス600の特徴

工事不要で電源コードにつないで利用可能!

I/31TDHY298AL._SL500_.jpg” alt=”いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600″ align=”right” border=”0″ />

いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600

  • メーカー: パアグ
  • レビューが高い!
    いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600

    機能


    I/41A14TDMPVL._SL500_.jpg” alt=”いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600″ border=”0″ />

    いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600


    本体を浴槽に入れて置くことでこの機器は自らお湯が冷め始めると同時に自動でヒーターがお湯の再加熱を開始してくれるとのこと。このことから浴槽のお湯を何時でもホカホカ適温にキープしてくれるそうです。

    大きさの目安


    I/51CCJ0KHPXL._SL500_.jpg” alt=”いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600″ border=”0″ />

    いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600


    サイズが直径12cm、約1.5kgの、コンパクト設計とのこと。
    注意事項としては入浴剤は使用できないと記載されている。
    40度に冷めると自動で再加熱するとのこと。
    漏電防止に空焚き防止機能や過熱防止機能もついており万一のトラブルにも対応している点も特徴です。

    接続部分


    I/41E1TA7H4VL._SL500_.jpg” alt=”いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600″ align=”right” border=”0″ />

    いつでもあったかお風呂! 風呂バンス600

    再度お湯を追加するときのガス代と水道代などよりもこのグッズを用いた再加熱の方が経済的とのこと。もしかするとかなり便利グッズかも知れないです。

    気になる点
      レビューから読み取れる点での注意ポイントを挙げると、

      1. 水からのお湯へ炊き上げるほどの力は無いとのこと。
      2. 極寒地では効果が出ない可能性があること。
      3. 42度以上の44度といった温度が好きな人には向いていない

      以上のようなことなどが上げられるようです。
      ただ普段二人暮らしや、小さなお子様がいる家庭で、お湯を継ぎ足しているのがエコでは無いと感じられるガスの代金であれば経済的にも導入する余地が有るのではないかと思える商品に感じるのでした。冬場は本当ガス代が跳ね上がるのでどうも気になるのでした。
      このお値段なら一見の価値があると思います。

    個人的には浴室内に電気コードがなく風呂の外に電気コードも埋まっているので試すのはちょっと無理そうなのが残念ではあるのでした・・・。
    (一層追い炊き機能が付いている住まいに引越ししたいレベル。)