髪の毛のダメージは普通は増えるばかりだ。ひとまず髪の毛自身は縦には伸びるが横には伸びない。表皮がダメージを受けたら毛は表面のキューティクルや各種成分が剥がれ組織がダメージを受け続けながら見た目には、細くなる。後は枝毛になったりして千切れるだけだ。
現代の美容室(美容院)は、髪を保護する所ではなく、殆ど髪の毛の板金屋と変わらない。
塗装したりボティを削ったり形を変えたりしているだけなので、毛のアレンジが主体な光景だ。
髪を染めたり色を抜いたりパーマで髪を固めたりという、まさに髪の毛のダーメージアップ養成所だろう。
普通に考えれば美容院で髪が補強できるとは到底考える事はできない。
何故こうなったのか?というのは一概に増え続ける美容室事情から、一定数の顧客がいないと産業が廃れるので必然とダメージを与えているようなものだ。
病人に毒薬を盛って患者を作っているかのような現状がある。

スポンサード リンク


当然の事だが美容業界も、各種コスメや洗髪メーカーなども自身で販売している製品がこんなにも健康にはよくないですと告発する良心が働くとは到底思えない。
日本のマスメディアもにもそんな信頼は到底期待できない。
飲食店ですら、食品の産地や銘柄偽装を2013年12月の時点で各種高級ホテルなどでも行われていた事から考えると、シャンプーや、コンディショナー、洗剤などが実際はどんなものが使われているのかなどは人体に直接影響しにくいものだとわかり切ったものでは到底ありえないと考えるべきだ。

髪のダメージは増長されていく

白髪が根っこが黒いものはたまにあるが、普通は白い毛が黒くなる事は染毛しないとありえない。
生物学的にどのようになっているのかは分からないので断言する事はできないが爪も髪も違いは無いだろう。
製造している毛根はまだしも、表面から生えている先は体調で変化する物では無い。

I/41Bnvwjeo2L._SL500_.jpg” alt=”KENT豚毛ヘアーブラシ レディース用 普通 2624″ border=”0″ />

KENT豚毛ヘアーブラシ レディース用 普通 2624


「今日髪に艶が無いね」というのは比喩てきな表現であり、ツヤが変化するのは髪の手入れの手間ヒマをサボっただけであり基本的な髪のつやは日時では変わらないる。
朝ぱさついている髪をブラッシングしてとかしてセットして出かけた所で夜になるとバサ着いているのは元々の毛がバサついている以外のなにものでもない。
元々艶が無い髪の毛は艶はないのだ。

痛んだ毛

現状はコンディショナーだとかトリートメンとで表面を保護する成分と謳われているもので髪の毛をコーティングしているものが殆どだが、天然の毛の部分がボロボロだったとしたら艶は無いものは無いメッキの髪の毛と大差が無い。
冷静に考えて日本人の黒い毛は染めようが無い。白髪染めということであれば利に適っているとは思うが、極端に多くない場合はカットとすれば済む話だと思う。
たった1回でしっかり染まる白髪染め シーエッセンスカラーフォーム|ヘアー
黒い毛を染めるには脱色しないといけないので髪の毛のダメージは何倍にも増す。
もしも噛みの手入れが面倒に感じてきたら、毛をいためない事に取り組まないといけないのだが意外と気付く人は少ない様子。
いつまでも美容雑誌やファッション誌、テレビメディアでいいように刷り込み可能なので現代社会はぼろ儲けしやすいんだろうなと感じる所。
ファッションのためにそこまでするならウィッグでいいんじゃないか?と思えなくもないが何故か美容室が減る事は無いようだ。

  • 「石鹸シャンプー」タグの記事一覧
  • まぁよっほど物好きでない人意外は石鹸シャンプーに慣れるのは癖が強すぎると思うので、この方法以外でも、極力天然成分のシャンプーと謳われているものを使う事をお勧めする。

    お勧め記事