髪の毛染めないと美容室も美容業界も儲けの機会損失だから染める事薦めていただけだろう?東洋人が髪も毛根も痛む事が分かっていることなのに、なんで脱色して、染めたりするのかは謎だった。
Black hair
何故こんな記事が出てきたのか?

スポンサード リンク

黒髪ブームで女性の「ヘアカラー離れ」が加速 美容室に打撃

2013.03.10 16:00:41 by NEWSポストセブン

「ヘアカラーをするお客さんは、確実に減っています。長期的な傾向ではあるのですが、震災後、さらに減ったように感じますね。実は、美容室の売り上げにおけるヘアカラーの比率って、一番大きいんです。カットやパーマよりも大きい。だから痛いですね。個人的には黒髪の女性が好きなので、悩ましいところですが」

『震災後、さらに減ったように感じますね』というのは計画停電だとか省エネ傾向があったわけで、今でも電気代高騰とか、etc要因を引きずっているようにも思う。
そもそも髪の毛を染めることが高コストなのだから。
前提にある事象が、日本人が髪の毛を染めることがそもそも現代の技術では到底無理だろう。
毛を脱色するだけでもゴムみたいになるのに、髪の毛を別の物に化学変化させるような染毛とかするくらいであれば、ショートにした上でウィッグでも利用したほうが圧倒的にコストの面でも、体質的にも負担が少ないだろう。

染髪がそもそも似合う日本人が希少。

日本人で染毛した髪の毛の色が似合う顔の人ってそうそう見かけないのだが、何かコンプレックスか何かかくるカラーのブームなのだろうか?
昨今だとカラーコンタクトも流行としてあったようだが、あれも販売者の戦略だとしか思えなかったりする。
それでもCMやドラッグストアや美容室で白髪染めでは無い、カラーのメニューやトリートメンとのメニューが豊富にラインナップされているのは、その利にそぐわない方法で利益を得ているからに他ならないだろう。
たった1回でしっかり染まる白髪染め シーエッセンスカラーフォーム|ヘアー
まだ、まつ毛美容液とかの方が理に適っているとは思うのだがカラーは無駄すぎる。

日本人に髪のカラーは非効率

  1. 脱色する
  2. カラーを入れる
  3. 髪が傷むのでトリートメントする
  4. 数週間たったら髪の毛が伸びたりカラーが落ちるのでまた染毛する

  5. 以下辞めるまで繰り返しの無限連鎖

これは明らかに美容室が儲かる為の、商売でしかない。女性が髪の毛をロングの髪型であれば、前髪やサイドの部分を気にする程度のカットであれば、普通に考えたら数か月に1回程度のカットで事足りる物の、アッションありきの美容業界の罠にはまることで、無駄金を使っているようにしか思えない。どちらにしても駅前の美容室の密集率で考えるとボロイ商売なんだろうなとすら思えてしまう。

染髪と髪カットのコスト

男性が床屋で髪を切るにしても、1-2か月で2-3千円、
千円カットなら1つき1000円のコストなので
男女比でも格差が有るだろう。
毎月1人当たり数千円~1万円単位で美容室にお金を落としてくれる と考えたら染髪をする、女性客はいい鴨なのだとすら思えてします。
この単価差で考えたら理容室よりも美容室(美容院)が比率が多いのは解る気がする。
駅前には沢山の美容室が軒を連ねているのが普通な日本の状態は本当不気味である。
駅から結構外れた地域でも意外と店舗を運営している人がいたりするので、採算度外視で営業しているのだろうか?と疑いたくなる事もあるが、或いは他の理由でもあるのだろうか?
地方でも1つの地域に結構な数美容室と理容室があったりして、日本人ってなんでこんなに髪をカットするのが好きなのだろうかと思えてしまう。世の中はデフレだなんだというにも関わらず、1カット数千円の理美容産業がなりたっているのは実に不気味だ。

染髪するのが日本人には適さない現実を直視すべき。

東洋人が染髪した髪型は合わないと言われているように、染髪した髪が顔にデザイン的に似合っている、もしくは黒より+の印象があるという人は少ない気がしてならない。
完全に自己満足の考えではあるんでしょうけれど、いまいち、プラスに働く作用は無いようにしか思えない。

まぁ、日本の業界って、利益の為にであれば消費者にとってマイナスなことを、平然とやるメディアとかが普通に闊歩しているから、気付かない人は多いのでしょうけど・・・。頭頂部がプリンであったり、ボサボサな毛質の人が街中で闊歩している様は滑稽なのでそのままでいる人はそのままでいてもいいとは思うんですけどね。

  • 男性が女性用シャンプーを使うメリットが、有るのか?
  • 石鹸シャンプー入門

    次記事>石鹸シャンプーで洗髪するには

    お勧め記事