フライパンは駄目になりやすい。
調理の頻度や洗い方でもダメージがでる期間に差はあるが最近のフライパンはコーティングが売りの製品が多い為コーティングにダメージが出ると、焦げやすかったり、膜が剥がれたりして使い物にならなくなる。粗悪な製品だと膜が焦げ状態になってしまうものも過去にあった。

スポンサード リンク

駄目になる特徴の目安

  • 卵焼きなどで上手く裏返せなくなる。
  • 調理しているとコゲやすくなってくる
  • 洗っているいると粉上のものが出ている気がする。
  • 見た目がデコボコしてきた。
  • 触るとザラザラになってきた
  • 製品によっても異なるとは思いますが、コーティングされている系統のフライパンは駄目になるとこんな風になる。
    大抵半年~数ヶ月、1年間酷使してもくっ付かない、焦げないというフライパンは存在しないはずだ。ダメージが蓄積すると駄目になる。
    再コーティングは不可能。買い換えないと無理である。

    コーティング系

    煮たり焼いた入り炒めたり色々と出来るフライパンや鍋が多い。
    しかしこれらは、ちょっと傷が入ると駄目になりやすい。
    使用回数を一定数使うとコーティングが明らかに駄目になる。
    製品によっては何年保障というものもあるが、普通の製品や安い調理器具にはそういうものは無い。
    高い製品を買う場合は保障や自分がそれを使う頻度を考慮して選ばないと結局損をしてしまいがちだ。
    安い機器の場合はある程度の期間で使い捨て程度のサイクルでないと、まともに調理が難しくなる。
    価格が安い2千円程度のフライパン等だと毎日使うと、半年も使えないものが多い。

    I/31tgBplj1UL._SL500_.jpg” alt=”T-fal ディフューザル クローバー フライパン 27cm C04606″ border=”0″ />

    T-fal ディフューザル クローバー フライパン 27cm C04606

  • メーカー: T-fal (ティファール)
  • T-fal ディフューザル クローバー フライパン 27cm C04606

    鉄製は最強

    鉄製フライパンや中華なべは最強ではある。何せコーティングしていない一枚の金属なので、劣化することは無い。
    ただし元々焦げやすかったり鉄の厚みが薄いものが多い為調理が難しい。
    デメリットとしてコーティングしていないので自然腐食にとても弱い。錆び易いのだ。
    保存も油をつけたまま保存するため匂いが気になるところ。中華なべ一つでも、一人暮らしの環境や日本の家屋で使うには向いていない。洗うことが出来ない+調理は難しい+保管(メンテナンス)が大変という程度。

    火元の違い

    ガスかIHかでも変わってくる。311以降の電気問題といい、元々IHは火力としては弱い機器だったのに電気代の高騰が危惧されたり計画停電だったりと、IHのメリットはさらに低くなった。火を使わないからとはいえ料理には元々剥いていないし、使えないフライパンや鍋が多い。調理時間も異様にかかるしお湯を沸かしたりは到底困難だ。

  • T-fal (ティファール) ストア
  • Amazonで「フライパン」を見てみる