当初ノコギリという報道だった為どういう風に切りつけたのかが解らなかった。
ノコギリというと工作でも使うような肩刃のものから大型だと両刃のもの、糸ノコなどがあるのでずが、どうやって持ち込んだのか?ということだ。
そもそもノコギリだと柄の部分も考えると折りたたみ式でもそれなりの長さになる。
普通に連想するとノコギリ⇒チェンソー⇒ジェイソンというものなら恐怖の象徴ですが、
『握手会でノコギリ?』というミスマッチ差が強い事件だった。
ということで、一部ネット上では、ワイヤーソーというものがAKB握手会事件で使われた凶器とされているので、
「ワイヤーソー のこぎり」が、どんな物なのかか?を紹介する。

スポンサード リンク

問題の使われた凶器

「ワイヤーソー のこぎり 」というアイテムが今回使われたという記事がある。
primeexpress ポケットに入る チェーンソー ワイヤーソー アウトドア キャンプ 登山 いざという時の災害緊急用 板も棒も簡単に切れる!!

primeexpress ポケットに入る チェーンソー ワイヤーソー アウトドア キャンプ 登山 いざという時の災害緊急用 板も棒も簡単に切れる!!

  • メーカー: primeexpress
  • primeexpress ポケットに入る チェーンソー ワイヤーソー アウトドア キャンプ 登山 いざという時の災害緊急用 板も棒も簡単に切れる!!

    普通ワイヤーソーで切りかかるとか考えないだろう。何か漫画か何かの作品で使われる描写があったのだろうかと思う。
    ⇒Amazonで『ワイヤーソー』を探すのNATO軍の兵士が携帯しているアイテムでもあるらしい。普段使いのアイテムではなく、サバイバルなどの用途で用いられる。

    凶器として使うのが問題

    どちらにしても通常の工具などを凶器として使うことが問題であって、
    ワイヤーソー自体は何の問題も無い筈だ。
    過去著名人が一般人に襲われた事例としては液体をぶっかけられたものから、
    殴られたりするものまで様々日本でも存在していますが、
    攻撃することと、襲われたら停める(抑止)ことができないことが最大の問題であり
    Twitterでは今後このようなことになるのでは?というネタまで上がっていた。


    こうなってしまうと、色んな意味でAKB商法と揶揄される「握手会」は価値が薄いものになるだろう。これだと壁を隔てていることは結構格差がある。動物園の動物とかと大差ない。

    凶器というとパールや鉄パイプなどでも凶器として使われることは多々あるのですが、包丁やカッターナイフなどの刃物は持ち運びには色々と法律で規制があったりする。
    もしも今後ワイヤーソー自体の持ち運びすら禁止されたら
    色々とキャンプとか山場で遊ぶときに面倒になる。
    携帯用のケースとかが存在するのだろうか?
    クレグレモ使い方は悪用厳禁なアイテムだ。

    ワイヤーソーの動画

    ワイヤーソーって使い慣れた人が木を切ると結構早く切断できるのですね。

    今後の握手会

    今後の握手会がどうなるのか?ということが検討されているらしいのですが、AKB等の握手会は今月はイベント全般停止しているようですし決まりしだいこういった柵でも作るのでしょうか。どちらにしても刑務所なイメージがついたら、何もガラス越しに見るなら液晶モニターの中と大差ない気がしたりもするのですが、それでも握手にこだわるアイドル商売が理解できないものです。

    あと民事で損害賠償請求したらとてつもない額ふっかけられそうな事案でもある。

    今後同様のイベントだけでなく、各種シーンでワイヤーソーの対策は考えられそうな気がする。ただこの器具で瞬発てきな殺傷力は無い気がする(切りつけた箇所が運悪く動脈だったら悲惨なことになりそうですが)。もしかするとAKBに切りつけた犯人は何かワイヤーソーに一工夫していたのではなかろうか?という感じはする。まぁ片方に重石を固定して振り回すだけでも皮膚が切れる可能性は大いに考えられるし、そういうことを言うとワイヤーや針金ですら凶器になるため、ワイヤーソーに非がある問題でもないのですけどね。
    販売に年齢制限とかもなさそうですし、今後未成年による、ワイヤーソーを使った悪戯が増えたりしないことを危惧する。