事務所というと商人ではない事業者の建物を指す。

法律事務所や会計事務所・設計事務所などが多い。
士業や資格を必要とする職業が多いことも特徴だ。
商人の場合は営業所。

事務所の言葉の由来

言葉としての「事務所」は1882年鳩山和夫が法律事務所開業にあたり造語として初めて使ったとされる[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/事務所

100年ちょっと前の単語ですが
新しいのか古いのか、微妙な単語ではありますね。
現在では法律事務所などと
会社のオフィスを混同して使われているのが実態に思います。
10万円で起業する方法『堀江隆文ことホリエモンが「10万円で起業するには」というテーマで解説している』

事務員

事務員は事務所に勤める人の事。
会計や事務手続きなどデスクワークを行う仕事が主流。
同じ事務職でも、
専門的な知識や資格が必要な仕事は給与は高いものですが
誰でも就業可能な仕事の場合は薄給だ。