cat_mini
お姉さん声の女声の出し方について。
地声から上げていく、切れないように園丁を上げていく。
裏声へ変換しそうになっても途切れないように声を上げていく。
このことがスムーズになれば、蛙声という単語が、しはしば使われているものの
なんのことかさっぱりわからないので、そこにはあえて触れない。

スポンサード リンク

女性の声と大きな種類

  1. ロリ声(幼い幼児キャラクター等をイメージする声真似など)
  2. 10代位の声:女子高校生~大学生
  3. お姉さん声(優しい系・のんびり系)
  4. お姉さま声(上から目線な感じの声・女王様系?)

等など、一言に女声といっても年齢やしゃべり方色々な面でかわってくる。
地方の方言やナマリで個性が出ることもある。
一先ず高い音程が出るようになったら、しゃべり方を特訓をすること。

話す際の抑揚をつけて読む。

話し方であったり抑揚であったりイントネーションの違いくらいである。
声の張りがかわるようなことも特徴だとは思う。
文章などは、各種キャラクターごとの状況に応じた文を作っておいたほうが練習はしやいと思う。

地声と裏声と、その中間あたりの区別や特訓方法はまだわからないので、後述することとする。

お姉さん声の特徴

お姉さん声の特徴としては、落ち着いた感じで喋ることがある。

連想するものが俗に黄色い声といわれる、中高生のキャピキャピした女性の声とは別に、一般的にお姉さんキャラクターを想像すると、落ち着いた感や優しい感じの声といったところだろうか。
お姉さん→女王様的なイメージをしてしまうと、
Sな女性をイメージする人もいるとは思うものの、それはちょっと置いておくとしよう。
「井上喜久子17歳です♪」は、まぁわき道にそれるか…

様々な女性の声

お姉さん声の対象になる声がロリ声なので、中間的なものは、ノーマルな女声になるのかな?と。

ヒステリックな女性の声なども個性的だったりする。