インターネット上で無料で使えるオフィスソフトの紹介です。
インターネットの巨人Googleと、Windowsのマイクロソフトが提供しているのが大手2サービスだろう。

スポンサード リンク

Google drive

Googleドキュメント というサービスで提供されていたサービス。Googleが提供しているインターネット(ブラウザ)で使えるオフィスソフト。特定の人と共有したり一般公開したりして使えるので便利である。
excelのようなシートも使える。
PDFやexcel形式でなどで書き出すことも可能。
動作も快適。
2012年度、最近GoogleDriveというサービスと統一されて現在ではGoogledriveの中の機能としてドキュメントサービスは利用できる。
GoogleDrive自体は画像などをネット上に保管する一般的なストレージサービスと同様なので、臆する点は無い。
使いかってもGoogleDocumentのときと大差なく利用可能。

利用にはGoogleのGmailのアカウントがあれば即利用可能。
https://www.google.com/intl/ja/drive/start/index.html

MSN skydrive

Microsoft Office Home and Business 2013 [オンラインコード] [ダウンロード][Windows版] (PC2台/1ライセンス)

Microsoft Office Home and Business 2013 [オンラインコード] [ダウンロード][Windows版] (PC2台/1ライセンス)

  • メーカー: マイクロソフト
  • 出版社: マイクロソフト
  • 発行日:2013-02-07
  • Microsoft Office Home and Business 2013 [オンラインコード] [ダウンロード][Windows版] (PC2台/1ライセンス)

    Microsoftが提供している スカイドライブ。
    Microsoftoffice2010移行と連動させることができるらしいのですが、オフィスソフトが無くても利用可能。
    弱点としては動作がたまにもっさりする。
    EXCELなども動作が快適だとは思えない。
    これは改善されることを期待するしかないだろう。

    利用するには、MSNの hotmail.com、live.com や outlook.comのアカウントがあれば良い。
    https://skydrive.live.com/

    余談

    上記2つのソフトはローカルPCに各種ドキュメント形式で保存可能ですが、ローカルPCで開くことが出来ない、マイクロソフトのオフィスが無いという場合は、オープンオフィスというソフトをダウンロードすることで利用可能だ。このフリーソフトがあれば大抵のマイクロソフトオフィス対応のファイルは開いたり加工可能だ。