Microsoftのオフィスソフトが会社のPCソフトを埋め尽くしている昨今ですがエクセルが操作方法がわからないじゃぁ生きてけないのでメモです。

スポンサード リンク


Microsoftのエクセルやワード パワーポイントなどと同等の機能が使えるフリーソフトはオープンオフィスという、フリーソフトを用いたら編集や閲覧が出来たりします。
ひとまず自宅のPCでオフィスソフトは購入するお金を節約したい場合や2台目のサブPCに入れたりするソフトはこれで間に合わせたりする使い方がベストです。(古いオフィスソフトだと、機能が弱かったりしますので。)

OpenOffice

無料総合オフィスソフトウェア – Apache OpenOffice.org 日本語プロジェクト
http://www.openoffice.org/ja/

Excelの使い方

E表やグラフが「見やすいね」と言われるExcelの小ワザ

  • 無料総合オフィスソフトウェア – Apache OpenOffice 日本語プロジェクト
    http://www.openoffice.org/ja/
  • マイクロソフトのオフィスがスタンダートで企業で用いられていますが、正直個人で購入するには、色々とセットで数万円という単価で3―4年程度でverが変わるソフトを購入し続けていくことは大してメリットが感じられない。シリアルコードもバージョンやプランで何台という制限もあるので、ひとまずフリーソフトのオープンオフィスで代用するのが無難に感じられる。

    昨今のマイクロソフトのオフィスソフトもweb対応が後手+機能を容易しても扱いやすいものとは到底いえないので、今後改善しないかぎりは、マイクロソフトのオフィスソフトを購入する必然性は減るだろう。2013年1月、今後Microsoftが、月額課金でオフィスソフトの提供を開始するという記事が出ていたが、これも本当adobeのモノマネでしかなく、インパクトは弱い。個人で利用するには、フリーソフトで十分だろう。

    Microsoft Office Home and Business 2013 [オンラインコード] [ダウンロード] (PC2台/1ライセンス)

    新品価格
    ¥26,490から
    (2014/9/30 18:30時点)