仮想空間セカンドライフSecondLifeをパンダが観光して回っている内容です。
panda kankou
人はなぜ形のない物を買うのか仮想世界のビジネスモデル

SecondLife パンダ観光

パンダのアバターで難波SIM(Namba)に住んでいたセカンドライフについてのサイトです
セカンドライフのブログとしては専用ブログとして
現在難波SIM(Namba)は閉鎖済みです。
10万ドルだと1ドル100円なら1千万人中50人のセカンドライフアバターが総収入US$100000以上らしい

元々パンダのアバターとの出会いは、2008年4月頃にSecondLifeで見つけ、パッケージの写真で惚れこんで購入してそれ以降ずっと使っています。
アバターの格好で、アレンジとしてはヘッドセットや、野菜籠を背負っていたりしているのがオイラです。
基本アニメーションはOFFにしているため、2足歩行しています。


動画

座っていたり、4足歩行している、この状態であることは先ずありません。

セカンドライフのその後

2007年に起きた日本でのセカンドライフブームですが2015年まで見ていた限りでは、クリエイターとして利用した人はそれなりに稼げたのではと思います。
いまでもたまに10Lドルのアイテムがぽちぽち売れているので。
日本円に換金したら微々たる額ではありますが、アップロード代には困らない程度に稼げる人は多いのではと思うのでした。