iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ530 ホワイト
ロボット掃除機「ルンバ」が高齢者にウケている意外な理由という記事があったのですが最初出始めた当時は掃除の力とその稼動力にやや疑問視していたのですが長期間この手の同一商品が販売されているというのはヒットしたからだととって間違いないのは当然だと思う。
ただの流行製品の場合は、普通は、1年くらいで見かけなくなるものだ。
しかしこれが受けている要素というのがどうもニーズにあるようなのだ。iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ530 ホワイト

ロボット掃除機「ルンバ」が高齢者にウケている意外な理由

30~40歳代では「部屋を掃除する時間がない」というのが主な理由です。特に共働きだと、掃除は切実な問題になります。週末くらいしか掃除できないと、床にうっすらとほこりがたまる。これにイライラして夫婦げんかになることが少なくありません。身に覚えのある人は多いのではないでしょうか(少なくとも私にはあります)。ルンバの購入者からは「夫婦げんかが劇的に減った」という声が実際に寄せられているそうです。

 一方、高齢者がルンバを購入する主な理由は、私にとっては意外でした。「掃除機のコンセントを挿さなくてもいい」ということだそうです。部屋の電源コンセントは、たいてい床に近いところに付いています。「いったんしゃがんでコンセントを挿し、立ち上がる」という動作は、高齢者にとってはとても負担が大きいとのこと。しかも、違う部屋を掃除するときには、コンセントを挿し替えなければなりません。

 ルンバであれば、掃除が終われば自動的に充電スタンドに戻ってきます。また、普通の掃除機はクローゼットに片付けることが多いので、出したりしまったりが大変ですが、ルンバは出しっぱなしが前提なので、そうした手間もかかりません。要するに30~40歳代は「時間の節約」、高齢者は「労力の低減」が購入動機になっているのです。http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20120123/203831/

高齢者がルンバを購入というのは普通の発想では考えられない着眼点な気がする。
今の60代以上とかが若かりしころって掃除機すら無いんじゃなかったんだろうか?という世代だろう。
それに対してルンバを手に取るというは斬新にしか見えない部分がある。
30~40歳代というのは、これまた稀有な層で40代以上はまだしも30代とかは就職氷河期以降の世代なので、それこそ家庭をもっている層も少ないのではないだろうかと思われる世代だろう。
1人暮らしだったらなお更、掃除や家事に時間を使う時間など無いはずなので、ヒットする理由は理解できるのですが・・・

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770
あなたの代わりに。あなた以上に。ロボットが掃除します。
高速応答プロセス iAdapt 部屋のあらゆる状況に合わせて、自ら考え、行動するために、アイロボット社が開発した最先端のロボットテクノロジー。高度な状況判断と、理想的な清掃動作を同時に実現。<考えながら掃除する>ルンバだけのテクノロジーです。
人工知能 AWARE 部屋の形状、広さ、汚れ具合など、数十にもおよぶ各種センサーが収集した情報を瞬時に分析するルンバの頭脳「人工知能AWARE」。毎秒60回以上もの状況判断をを繰り返し、40以上もの行動パターンから最も適した動作を選択・実行します。
3段階クリーニングシステム 1回の走行で3つの作業「かきだす・かきこみながら・吸いとる」。手の届きにくいところも、ホコリがたまりやすいところも。ルンバ独自の清掃システムなら、部屋中しっかりキレイに、気持ちよく。
ダブルゴミセンサー 状来のピエゾセンサーに加え、高感度なヒカリセンサーも搭載。ダブルゴミセンサーが、髪の毛や綿ボコリなど軽い細やかなゴミも逃しません。
ダストカットフィルター 0.3ミクロンサイズの微細なゴミを99%以上除去するダストカットフィルターを、ダスト容器に内蔵。排気もクリーンに保ちます。
ここまでキレイ! 壁際のゴミも、テーブルの脚まわりも、ベッドやソファの下も、ゴミの多い場所は入念に(ダートディテクトモード)。
こんなところも任せて安心! 段差を感知して回避、家具へのショックも最小限(ソフトタッチバンパー機能)、コードのからまり防止(からまり防止機能)、広いお部屋も隅々まで、畳やカーペットもOK、段差も乗り越える、自分で戻って充電、ボタンひとつで簡単操作。
シンプル構造のダスト容器だから、ゴミ捨て簡単 従来2層だったダスト容器を1層に。手を汚さずに、簡単にゴミが捨てられます。紙パックも不要でエコロジー。
ブラシのらくらくお手入れ お手入れリングとお手入れカッターを同梱。ブラシにからまったゴミや髪の毛を簡単に取り除けます。
日本語エラーメッセージ トラブル発生時に、対処方法をルンバが日本語で教えてくれます。(16ヵ国語選択可能)。
ダスト容器が満タンになるとランプでお知らせ「ゴミフルサイン」 ダスト容器がいっぱいになるとランプが点灯します。ご使用の際は、ランプが点灯する前に捨てるようにしてください。
ちょっとした汚れは、スポットモードで集中清掃 SPOT(スポット)ボタンを押した場所から、直径約1mの範囲だけを掃除します。
決まった時間にお掃除スタート「スケジュール機能」 生活リズムに合わせて、稼働開始時間を曜日単位、1日1回、15分刻みでセット。ボタンを押すことなく、自動でお掃除を開始できます。
リモナビ(リモコン)での操作も可能です。

  • 販売元:iRobot (アイロボット)
  • 発売日:
  • ASINコー:B005U8XNZG
  • iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770


    妹に勧められて買いました。
    我が家はマンションの3LDKですが、毎日使っても綿ぼこりが詰まっています。
    一回に掃除できる広さは説明には25畳とありますが、そこまではムリそうです。
    そこで何日かに分けて掃除してもらっています。
    帰宅するとフロアと意外なことに籐のカーペットもピカピカです。
    自分で掃除機をかけて、拭き掃除をするより遥かにきれいになります。
    今までの掃除機は、ルンバの掃除に使っています。
    今まで汚れが気になっても毎日掃除機をかける気力はなく、見て見ぬふりをしていたことが大きなストレスになっていたと感じます。
    維持費はかかりますが、一度使うと携帯から固定電話に戻れないように手放せなくなると思います。
    女性にとっては今後の人生を左右する家電だと思います。
    iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 770