近年の通販は、オフラインのものと、
オンライン(インターネット)のものが主流です。

オフライン通販サイトは、雑誌やカタログで購入するものが殆どですが、今でも一定のシェアは残っていますし、たまにカタログを送付している会社も多く存在しています。

他にもテレビショッピングや、投函されるチラシなどで購入できるものもありますし、雑誌などから注文する形式の通販の有りようも存在しています。

オンライン通販とECサイトの普及

オンライン通販だとネットショッピングのECサイト(カート機能があるWEBサイト)は、ECサイト作成が簡単になった為、日本でもかなりたくさんの数が存在します。

他にもショッピングモール型サイトだと、アマゾン(Amazon)や楽天市場、Yahooショッピングなど存在しています。

アマゾン amazon(アマゾン)で通販するには:通販.jp

楽天ロゴ 楽天市場で注意すべきポイント:通販.jp

Yahooショッピングは、出展料月額料金が無料になったことで、今後拡大する期待をしていたのですが
2015年現在では目だったニュースは無いのが気になります。
ただしECサイトのみならず広告費用はインターネット産業に、どんどん増加でつぎ込まれているようなので今後も期待できるジャンルです。
大不況でもネット通販は絶好調の理由『ネットショップ』:通販.jp

今後も拡大しつづけるインタネット通販

アマゾンが最も日本国内で販売量と額が大きいことが数年前に報じられていますが、ヨドバシカメラなども最近では店頭販売以外にもネット通販で販売実績を拡大しつづけています。
衣類もユニクロが即日発送を行える運送センターを準備するなど大手ほど少子化の中でもネット通販には精力的な拡大が見て取れます。
ユニクロが通販で即日配送参戦する
このことから日本国内においてもインターネット上での通信販売は広がりつづけていく可能性が多いにあります。

衣類の通販

日本では四季があるため、服装は様々な格好が必要になります。湿度も高く台風もあり雪も降るという気候なので、どうしても様々な服装が必要な国です。
このためか、ファッションの販売はネット上でも幅広く展開されています。
ユニクロやしまむらといったファストファッションの業界から、一流のブランド品まで多種多様にネットで購入可能なものが多く存在しています。
公式ストアサイトがないものも個人出品の商品が購入できるのがネット通販の魅力ではないでしょうか?
他にも中古品売買も衣類では多く展開されているため、買取を行ってくれるECサイトも存在しています。
衣類の事について:通販.jp
海外のECサイトからも衣類は購入することが可能なため、選択しは多いことこの上ないサービスになっています。

格安な衣類のサイト

最近では数千円で購入できるファストファッションブランドが増えている。
ユニクロを始め、
forever21などの1000円代~3千円程度で各種バリエーションの服が購入可能なECサイトの展開が際立っている。
他にもオークションサイトや、中古衣類のショップがECサイトで多数購入を選ぶ選択肢が増えたためインターネットを用いた通販は、20世紀までよりも明らかに豊富な選択肢が用意されている。
FOREVER21(フォーエバー21)というファッション通販サイト

靴の通販

靴は2005年のころには、何足かネットで購入してみたのですが、サイズ違いが最も多い商品の一つでした。
楽天市場のようなショップが出店しているようなサイトで購入してしまうと返品不可能といったものが多いため、やむなくごみ化してしまう靴が兎に角多くなるため、ネットで靴を買うのはハイリスクでした。
しかし現代ではアマゾンやロコンドなどは1足からでも送料無料+返品無料+室内での試し履きOKという販売サイトが増えてきたため、こちらを利用する頻度が増えました。(2014年夏にロコンドはAmazonに統合されました)
正直急に靴が必要になった時はアマゾンで探すのが手っ取り早いです。
最短で翌日に届くプライム会員の年会費を払ってでも利用したい利便性がアマゾンには存在しています。

靴の通販で返品無料なECサイト:通販.jp

大手ECサイトで取り扱われていない靴でも各社ブランドの専門公式通販サイトでは取り扱っているシューズも存在していたりします。
この辺りは、色々と比較して調べる必要性があります。

冷凍食品

ネット通販が普及したことでクール便や冷蔵便を利用したECサイトも多く増えてきました。
最近ではラーメンや、肉・魚、珍味のようなものでもインターネットで購入可能なのが魅力です。
あと冷蔵で配送されてくるのか冷凍もので配送されてくるのかという事も十分事前に調べておくべきでしょう。
今でも冷凍や冷蔵便は通常の配送よりも高めですがまとめて購入すると送料無料のECショップも増えています。
しかしながらヤマト運輸の事件のように、たまに冷凍の対象の品物を夏場に外に放置していたという事例もあったりしたので、信用が出来ない面も存在しています。
食品で危険な物

ラーメンの通販

最近では、コンビニエンスストアでもカップラーメンや袋のインスタントラーメン以外に、冷凍麺や生タイプのラーメンが販売されており、酒類が実に多く増えています。
そんな中、インターネット上で通販として購入可能なラーメンとして店舗が実際に直営で販売していたり地域でしか購入できなかったラーメンがインターネットで購入可能になっています。
中には、メンマやチャーシューなどを個別に販売しているサイトも存在するためラーメン好きにはネット通販でラーメンを吟味してみるのも面白いのではないかと思います。
ラーメン通販ランキングで紹介している宅麺というECサイトでは各種店舗のラーメンを一括して取り扱っているため、自宅で店舗のラーメンが食べたいと言う人には適しているサービスに思います。
とんこつラーメンでも地域によって特色が異なっていたり、家系ラーメンから、魚介出汁他各種取り揃えは多い料理です。

通販.jp内の、お勧め記事

FXで稼ぐ

ブログ飯が成り立たない理由

このサイト

このサイトでは通販だけでなく、インターネットビジネスことやその他ジャンルの記事も含まれておりますがご了承ください。