amazon(アマゾン)でインターネット通販するのが便利です。

http://www.amazon.co.jp/
http://www.amazon.co.jp/

ネット通販というとアマゾンは欠かす事ができません。
ECサイトの鑑ともいえるのがアマゾンだといっても過言ではないと考えています。

スポンサード リンク

amazon(アマゾン)で通販利用するには、アマゾンギフト券が便利です

クレジットカードが無い人も、アマゾンギフト券というカードで販売されているものを購入して
WEBブラウザからアマゾンにログインしてギフトカードに記載されているコードを登録すれば、
カード決済は必要なく手数料もかかることなく買い物が可能です。
注意点として、ギフト券の払いもどし・換金は出来ません。
ギフト券のポイントで購入した場合返品・返金などの場合もAmazonギフトのポイントとして返金処理(ポイントの変換)されます。
アマゾンギフト券の使い方

最近のアマゾンの状況

他にも最近では衣類や食品のラインナップも増えています。.

本の通販サイトというイメージが強いですが、Kindleの電子書籍が普通に販売されたことで到着が購入するだけで読める時代になった為アマゾンの利用頻度が高くなりました。
楽天市場もKoboを展開していますが、販売開始のトラブルがどうにも悪い印象が大きすぎた為
その後もいまいち良い材料も見当たらず、色々と購入する頻度はどんどんアマゾンが優位になっている感じがします。
アマゾンにて最近では汚損品(箱つぶれなど)などもセール価格で販売開始しています⇒アマゾン(Amazon)アウトレットについて

アマゾンでの買い物の注意点

基本的にアマゾン内で販売されているものは、
アマゾンが出品・管理販売しているものと、
個人出品のものがあります。
基本としてアマゾンが発送するものはアマゾンの保障に基づきます。
反対に個人出品のものは、アマゾンの規約に則って保障などは受けられますが、
発送のタイミングや、送料などこまかな所で保障や対応が異なってしまうため注意が必要です。
アマゾンの通販で買い物した時に日時指定するには

返品・保障の違い

基本的にアマゾンが発送するものであれば、問題ないと考えて良いでしょう。
マーケットプレイスと呼ばれる出品システムによる個人出品ですが、古本などが安いからと安易に購入したら、いつまでたっても返事が無い場合はアマゾンに問い合わせましょう。
普通はマトモな出品者が殆どですが、
個人が出品している場合だと何かしらの都合によるものか
返事が届かない事が稀にあります。
原則マーケットプレイスよりも、Amazonが発送する商品の購入が安心に利用できます。

アフィリエイト

アマゾンの広告を見る機会は多いのではないでしょうか?
2chまとめサイトなども邪魔なくらいアマゾンの広告バナーが
サイドバーなどに貼り付けられている光景をよく目にすると思います。
アド型広告や、Facebook広告等でもアマゾンのアフィリエイト広告は多いです。
検索エンジンに表示されるアドワーズ広告の出稿は、アマゾンジャパンが出稿しているものだと思いますが、ブログサービスなどでもアマゾンの広告を頻繁にみかける事があります。
これはAmazonと提携して行うアフィリエイトサービスの一つです。
個人でもブログやホームページがあれば1円もかけることなく開始可能です。必要な物はAmazonのアカウントだけです。
そんなAmazonの広告ですが、ここにも通販の需要を見出す事ができるのです。

運営に振り回される売り上げ報酬率

2014年に従来のパフォーマンスプランを廃止して、商品カテゴリーに準じてアフィリエイト報酬のパーセント与える事に方向転換しました。
姉妹サイトとして展開していたJavariもAmazonに統合されたのは2014年6月頃でした。
日本ではおもちゃやゲームの料率が引き下げられ、代わりに食品や衣類(ファッション)の利率が上げられた事からAmazonがとごのジャンルを拡張したいのかが見えてきます。
個人的にはjavariのままの料率で運用してほしい気がしましたが、アマゾンで統一されたことで利用頻度は増える可能性もあるため仕方ないのでしょうね。
アフィリエイターにとっては辛い動向です。
料率が変わることで売り上げ報酬額が桁違いになるリスクも含んでいます。

今後のアマゾンの展望

アメリカなどではドローンによる配送が企画されていたりこれからサービスが拡大していくことは目に見えています。
購入者としてAmazon.co.jp内でAmazonが発送する製品に関してはトラブルや保障で困った事がないので、今後もAmazonの利用は継続したいと考えますが、Amazonプライムの年間費用払ってでも利用したくなるのは既に重度な感じがするのでした。個人的にはAmazon推奨派な管理人でした。
一部の利用についてアマゾンへの不便な点や批判的な意見が存在していることは理解しています。
しかしながらそれらを上回る利便性がアマゾンには存在しており、基本送料が無料で利用可能なECサイトは他にあまり無いのが大きい強みです。保障に対するサポートもAmazonの揺らがない信頼度といえます。
特にアマゾンを妄信しているわけではないのですが、利便性を考えると、今後も何か問題が起きてもアマゾンにハマっていきそうです。