ECサイトのアマゾンについて

アマゾン amazon は本のインターネット通販から開始した会社です。
本社はAmazon.com, Inc アメリカのサービスで各国に各々のAmazonのドメインでサービス展開しています。
日本では通販の売り上げが数年前のデータでは、一位とされています。
assocbtn_orange_amazon2._amazon_
https://www.amazon.co.jp/

ECサイトだけでなく電子書籍のキンドルの販売や書籍の販売、クラウドサービスの提供や、ストリーミングサービスの展開など物販だけでなくネットサービスにも旺盛に展開している特長があります。
常にサービス内容も変化し続けており「お客様第一」とメールで主張する会社なので顧客満足度は高い企業に感じます。
反対にショッピングモールサイトの楽天市場は、利用者は客におもっていない節があり、問い合わせても雑に扱われるので信頼が低いものです。

アマゾン(Amazon)アウトレットについて

Amazonアウトレットという聞きなれないサービスがあったので調べてみました。 Amazonアウトレットとは何ですか? Amazon.co.jp が運営するAmazonアウトレットは、倉庫内で梱包に傷を負った商品・お客様・・・

アマゾンギフト券の使い方

amazonギフト券の使い方は簡単だ。 ギフト券分のポイントそのもの商品購入が可能だ。 利用する際には、最初にアマゾンのアカウントを保有している必要性がある。

アマゾンギフト券の買い取り | ポイントサイト

金券買取EXでは「アマゾンギフト券の買い取り増加」のためのサービスを今回ご用意 Amazonギフト券の高額買取なら「金券買取EX」におまかせ!! ☆★初めての方なら「Eメールタイプ」の買取率2%アップ期間中★☆ アマゾン・・・

アマゾンのKindle(キンドル)本が、日本も、PCで読めるようになった!!!!!!

PC
kindleで読めない本

Amazon(アマゾン)が販売している電子書籍はKindle(キンドル)というサービスですが、 過去Amazon.comなど英語圏のkindleは、PCでも閲覧できていたのが日本だけPCでの閲覧はできなかった。 (そもそも国ごとでログインできるアカウントが異なるので、kindleの利用では不便すぎる) ひとまず日本でもPCでKindleが読めるようになったとのことなので紹介します。

Amazonアシエイトの料率変更2014/09/01から

Amazonアシエイト(アフィリエイト)の料率変更が2014/09/01から、また調整されるらしい。 先日Javariと統合で若干報酬利率の変更があったばかりなのに、 また料率変更のお知らせが出ていた。

KINDLE無料の本もラインナップ豊富。Amazonの期間限定 無料お試し版というサービス内容が斬新。

スマートフォン

本を買うなら、まずKindle試した方が無難なサービスになってきた理由。 無料本が多い事。 上下巻セットで1冊にまとめた製品があること。(たとえば万能鑑定士は全巻セット販売の商品がある) 鹿の王(上下合本版)なども1冊でKINDLEでは販売されている。 期間限定のキンドル本のセールスも多い。 デメリットしては、2015年時点では、新刊は、どの電子書籍端末でも遅いことはどこのサービスでもにたようなものです。

クロックス サンダル Amazon

クロックスのサンダルをAmazonで買う場合についての注意すべきポイントを紹介します。 アマゾンで買う際に 注目すべきポイントはアマゾンでは、アマゾンが直接販売している商品と、マーケットプレイスという各種ショップが販売し・・・

amazon(アマゾン)通販

通販

amazon(アマゾン)でインターネット通販するのが便利です。 ネット通販というとアマゾンは欠かす事ができません。 ECサイトの鑑ともいえるのがアマゾンだといっても過言ではないと考えています。

アマゾンの消費税増税について

通販

アマゾンでも2014年4月1日からの従来は5%だった消費税が、8パーセントの価格にになる事についてどうなるのかを調べてみた。 公式サイトで記載されていた情報を元に解説する。

アマゾンで2000円分のクーポン配布している。

PC

ふとAmazonを見ていたら200円分のクーポンを無料で全員に配布している。ただしKINDLEを購入した人向けだ。 使えるサービスとキャンペーンは「Amazonインスタント・ビデオストアオープン記念」でこのサービス内で利・・・

ページの先頭へ