クロックスのサンダルをAmazonで買う場合についての注意すべきポイントを紹介します。

アマゾンで買う際に

注目すべきポイントはアマゾンでは、アマゾンが直接販売している商品と、マーケットプレイスという各種ショップが販売している製品が混在していること。
アマゾンが出荷する分に関してはAmazonの規約や返品ルールが受けられますが、
マーケットプレイスの保障に関しては、取引ごとに要確認すべきです。
Amazonで『クロックス』を探す

Amazonで買うならjavariが無難

Amazonが運営する靴・鞄・財布などの姉妹サイトJavariで購入すればどの商品でもためし履き程度であれば、送料無料+返品も購入後365日まで無料 というメリットがあります。
稀にクロックスのセールも行われているので、Amazonで買うよりも安心して購入可能です。
会員ログイン情報もAmazonの物と同一アカウントで利用可能ですし、Amazonギフトカードやポイントも併用することが可能です。
⇒ Amazonで『シューズ&バッグ : 国内配送料無料 : “クロックス” 』のチェック

クロックスの定番サンダル

クロックス クラシック(サンダル)
クロックス クラシック(サンダル)

かつての名称はケイマンという名称だったcrocs Classic(クロックスクラシック)サンダル形状に後ろに足を固定するバンドがついており、普通のサンダルよりも足を固定しやすくなっています。模造品の多さからもクロックスの人気がすさまじいものだということは認識できます。
キッズ・メンズ・レディースにサイズ展開されているので気兼ねなく利用することができます。
素材も抗菌性や水に強いことからあらゆるシーン向けに販売されています。

クロックスのサンダルのデメリット

ただし水で濡れて滑りやすい床などにおいては、すべる危険性があります。
以前ラーメン屋でクロックスを履いた店員がいたのですが、床が雨降りのときに濡れている床で急いで厨房に喪道路とした店員が思いっきり転倒していたのを見てあーはなりたくないと思いました。私はローファー(ゴムの靴底)だったのですが、濡れているとツルツル滑る床だったため、危険度は差が無いのかという印象を強く抱きました。
もしも水場で使用する場合には別のサンダル系統を購入した方が安全だとは思います。
必ずしもクロックスは水場では危険だとは断定はできませんし、店員の履いていたクロックスの磨耗レベルや足のフィット度他さまざまな要素が考えられますが、クロックスが滑ることに関する記載はwebでもチラホラ確認することが可能です。