朝Amazonアソシエイトの管理画面を見ていたらこんな表示が

Amazon ホーム『2014年6月末をもちまして「Javari.jp」が終了となります。』

え?javariって、サービス終了ですか?
というかアソシエイトタグ(アフィリエイト広告)を貼りなおさないといけないとか・・・。面倒。

スポンサード リンク

Amazonアソシエイトプログラムからのお知らせ

内容

【2014/5/15:Javari.jp 6月末で現行サービス終了のお知らせ】2014年6月末をもちまして「Javari.jp」が終了となります。今後は「Amazon/Javari」ストアとしてAmazon.co.jpファッションストア内にリニューアルオープンする予定です。
なお、バナーリンクは6月下旬を目途に「Amazon/Javari」ストアへと遷移先を弊社にて変更させていただきますが、商品リンク・テキストリンクについては7月以降Javariでは買い物ができなくなるため、大変お手数をおかけ致しますが、Amazon.co.jpへと貼り換えを行ってくださいますようご協力をお願い致します。最新情報は随時こちらでアップデート致します。
http://affiliate.amazon.co.jp/

  • 「Javari.jp」が終了。
  • Amazon.co.jpにjavariを統合。
  • ただし従来javariが、報酬率10% Amazonはシューズジャンルは、特定のキャンペーンを除いては、『3.5%~』だったものが、どう変更されるのかは言及が無い。(現在:服・ファッションはAmazonでも8%)
  • あとはアソシエイトタグの張替え作業が面倒くさそう。(5/16日時点でアフィリエイトタグ見てみたらjavariは『http://www.javari.jp/dp/・・・』というテキストのアソシエイトのタグになっていた。)
  • 他ASP(a8.netやもしもアフィリエイト)等の、アマゾンの『javari』のアフィリエイトタグ等も変更を余儀なくされるはず。これらのASPサービスではjavariが廃止になるかも?
  • 移行がすんなりすんで報酬率に変動がなければ、張替え作業だけで済むものだが・・・サイトやブログ運用者には、色々と面倒な所が強く感じる。

    購入者は楽かも

    購入する人には利便性は高いと思うけど、マーケットプレイスとかの出品と割とAmazonが直送するものと区別が分かりにくいのが難点だったりするのだがそのあたりがどう区分けされるのかが不明。(このあたりで線引きがキチンと出来ないと購入後の保障でも混乱が拡大しかねない)

    これは日本のAmazonだけの変更かあるいは海外のAmazonでも同様の変更なのかはわからないものの、結構不便。


    javari(ジャバリ)は、365日間返品だったし、ロコンドよりは便利だったのですが、ロコンドは90日返品がいつの間にか30日間返品に短縮されていたりしたので、いまいちなのですかね靴の通販サイトって・・・。

    アマゾンが直接発送する、靴に関しては『30日間の送料無料・返品無料』の保障だったのでjavariの『365日間』が、この保障の期間差がどう変更されるのかも気になるところ。
    アマゾンが取引量で更に強くなることは想像つくものの、ちょっと面倒くさい変更に感じたのでした。

    追記:海外のjavariの動向

    A spot of brand consolidation is in the works at Amazon U.K. The online retail behemoth is planning to migrate users of its standalone shoes and accessories website, Javari.co.uk, over to Amazon U.K.

    Google翻訳にて

    ブランド統合のスポットは、オンライン小売巨獣Amazonで英国にかけ、そのスタンドアロン靴、アクセサリーのウェブサイト、Javari.co.ukのユーザーを移行することを計画しているアマゾン英国で働いている

    http://techcrunch.com/2014/05/15/amazon-kills-javari-brand/

    海外でも同様の動きな印象だ。
    ただリダイレクトされるという記載もあったりするので、どういう変更になるのかは未だ不明。
    マーケットプレイスへの囲い込み策の一環と考える方が普通か?とすると、Amazonで靴を買う利点は減るが・・・。(日本では、競合にロコンドがあるわけで・・・。abcマート等は5000円程度以上で送料無料1回のみサイズ変更無料というサービスだったりするし。)

    Amazon/Javariストア

    追記:Amazon/Javariストアというページを見てみると、どうも返品期間は30日となっている。

    Amazon/Javariについて

    Amazonの姉妹サイトとしてファッションアイテムを専門に取り扱ってきたJavari.jpはこの度Amazonファッションストア内にリニューアルオープンいたしました。

    Javariのお客様にもAmazonで快適に靴やバッグ、ジュエリーなどのファッションアイテムをお買い物いただけるような商品を取り揃えました。またAmazon/Javariストア内の商品は全無料配送&30日間 返品送料0円のサービス対象ですので、Javariと同じく気になる商品を試着して、履き心地、フィット感をゆっくりと試していただき、クローゼットのお手持ちの洋服や靴、バッグとコーディネートを合わせて頂けます。
    Amazonの配送サービスやおすすめ機能など、さらに便利になったAmazon/Javariストアで、ファッションショッピングをお楽しみください。

    Amazon/Javariストア

    先日Amazon内のファッションの返品ルールが明確なルールを出していたことが記憶に新しいが、果たしてどうなるのかというのが未だ見えない。
    検索結果などでjavariとAmazonとマーケットプレイスで絞り込めたりするのかどうかも気になるところ。
    201/5/16日現在は『キャンペーンおよび追加情報』の欄ではマーケットプレイスの物と思われる表記が混在しているが、その表記の配送方法で買うカートの入れ方が分からなかったり、まだ実験中な印象が有る。

    靴のサイトは色々

    ブランドにこだわりがあったり、細かなサイズとか選びだとメーカー公式サイトから注文した方がいいので、好みと用途の差はあるので一概にはどこの靴サイトが良いとは断言はできません。
    Amazon/javariは送料無料+返品無料返品期間30日(試着程度可)+たまにセールが有る(セール品も返品可) というメリットが有る程度。
    ロコンドよりもAmazonは靴の種類や数は多い逆にAmazonに無い靴もロコンドで有ったり。
    ABCmartが特定のメーカーの品揃えが豊富だったり。

    追記

    結局Amazon/javariの靴の返品期間は30日ということになっていたようで、
    アソシエイトの報酬率などでは、5/26日に気づいたのですがAmazon/javari統合で「シューズ・バッグ・ジュエリーの紹介料を8%へと変更」という発表が追記されていた。今後はAmazonで購入されてもアソシエイト報酬は現行の3.5%~よりも 最大報酬率でもらえるのは嬉しいかもしれない。ただしjavariは最大上限が1000円縛りは存在しないがアマゾンは上限がある。ここはまだ負不明だ。マーケットプレイスのショップ出品の扱いがどうなるのかも未だ不透明だ。
    ただロコンドとかABマートよりもAmazonは報酬率は高いので良いのですけどね。アフィリエイトの紹介の面でもアマゾンが上抜けると思う。