アマゾンを利用して気付く事で
幾つか不便に感じるデメリットがある。
それはマーケットプレイスのような個人や企業が配送するサービスは送料が掛かるということだろう。

スポンサード リンク

マーケットプレイスの送料が掛かってしまうことに関しては、他のECサイト(楽天市場やYahooショッピング、或いは公式ECサイト)で購入するのと差が無い。決済の利便性はあるが、アマゾンで注文すると時間指定がデフォルトでは行えない事が最大のネックになるので、中小企業のショップ出店の製品は自ずとアマゾンで購入するメリットは無くなる。

アマゾンの不便に感じる所。

本一冊でも送料無料で注文できて2日程度で自宅に届くのがデフォルトで重宝はするのですが、ちょっと大き目の物を購入すると郵便受けにいれず直接お届けに来るので不在票との戦いになる。
これが意外と2度手間でデメリットに感じる。
何故時間指定が出来ないのか?

  • アマゾンのデメリットで時間が指定できないこともある。
  • Amazonプライム会員
    Amazonプライム会員

    http://www.amazon.co.jp/gp/prime

    これは有料会員になれば(アマゾンプライム:年会費3900円程度だった)時間指定は出来る。
    翌日お届けも最短で可能になる。
    しかし年会費払はないと時間指定すら出来ないというのはAmazonのデメリットとして最も痛いところだろう。
    一度、本気で登録してしまうかと考えた事もあったが、それほどアマゾンを頻繁に利用することも無いので、年会費に対する魅力は乏しい。この点が楽天市場やYahooショッピングを利用してしまう唯一の導線にはなっている。

  • アマゾンポイントは溜まりにくい。
  • アマゾンギフト券でギフト券の送信は出来ない。(アマゾンポイントとギフト券の残高も別画面で、管理画面も見にくい)
  • 等。その他のサービスが弱い面も在る。

  • 日本でもKindleでは他の電子書籍端末と同様に新刊は即発行されないのでどうもアマゾンで電子書籍を購入したいという気が殺がれる。
  • PCで閲覧可能なsoftも英語版のみ対応のようであり、日本語はどうも電子書籍と出版社の兼ね合いもギクシャク感が否めない。
  • Downloadソフトも販売しているようではあるがイマイチぱっとしないのが弱みだろうか?
  • ついでにアマゾンでMP3のジャンルも検索しにくい事が難点だったりする。
  • Amazonは手広いものの、デジタルデータなどには弱い気がする。

    生ものは不安

    生鮮食品などはこれでは無駄に常温に晒される時間が長くなるので先日ヤマト運輸が冷凍品の取り扱いが煩雑に扱っていて冷蔵の品物を22度以上で取り扱われていたといった内容が報道されていたりしたので気がきでない部分はある。
    これはAmazonだけでなく、どのショップでも通じることだろう。販売者がいかに衛生や冷凍保存に最先端の技術を用いていた所で、配送屋が雑に扱っていたりすると、ダメージはでかい。
    因果関係を個人で立証することも困難なので、生ものは危険だ。

    常温保存のまとめ買いならお得

    缶飲料や、ペットボトル、保存食品などであれば、アマゾンでまとめ買いすれば、送料無料だったりする製品もあるのでこの限りでは無いが、やはり生ものは、インターネット通販がどんなに便利になった所で、配送やと配送元に左右されるので、やや不安はぬぐえないのが実情かという印象なのでした。
    今後配送業と、他ECサイトと、アマゾンの動向がどのように移り変わるかはわからないものですが、まだそれでもECサイトの巨人アマゾンには隙があるようにも感じるので、もう少し利便性は高上してほしいと思うのでした。

    アマゾンで通販する際のお薦め記事