衣類・ファッションのネットショッピング(通販)の注意点や各種アイテムの紹介。
日本人のClothing(衣類)についてですが、日本には四季が在る。国の土地は南北に長く、離島も含めると海の面積も広く、太平洋から日本海を考えると東西にも実は長い面積の日本だったりする。
当然気候は日本と一言でいっても北海道は冬場は雪が積もるし沖縄では雪は1年に1度も降ることすら無い。
鹿児島県でも雪が降る事は殆ど無いし、屋久島あたりになると振る事は歴史的に観測されたことが有るか否かという水準だ。鹿児島から沖縄では雪が降らない代わりに夏には台風が頻繁に通る。

気温の差

気温差は各地でことなるが湿度は比較的高い。
じめじめした気候はどの土地でも共通だ。
海に囲まれている島国だからだろう。
平野部分は意外と少なく、東京都なども現在の殆どのエリアも江戸時代以前くらいには川とか海辺だった地域が殆どで埋立地が主な都市部だ。湿気が年中通して高いのでムシムシする気候ではある。

四季と服装

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則

できれば服にお金と時間を使いたくないひとのための一生使える服選びの法則


四季が有るので季節に応じて『衣替え』がある。大まかにいうと半袖が長袖になったり、ジャケットを羽織るようになったり真冬にはコートやダウンジャケットなどを着込むのが主流だろう。
ただし真冬でも電車や地下鉄などが密集している都内などは、あまり厚めの冬の格好を見かける事は殆どない。
東京や大阪では、氷点下をつける気温がないことも理由だろう。雪が降りつまらない程度の気候ではある。

夏場に和服の浴衣などを着ていたり作務衣を着ている男性を極稀にではあるが見かけるようにはなったものの、基本的な日本人の服装は洋服だ。安価な和服っぽいデザインのものも有るにはあるが、本格的な和服は高級品だ。
2013年度の夏あたりには、突然のように、半ズボン(膝上程度の丈)の成人男性を町でよく見かけるようになったのが不気味に感じたくらいだ。基本的に男性がスネゲつきの足を出している姿は一般的な社会では好まれない格好だったはずだが、一体何かが変わったのだろうかと錯覚する程度だった。
しかしサラリーマンは夏場でもネクタイ・スーツという暑苦しい格好はいつの時代でも変わらない様子で現代の季節感無視の日本文化は色々と火小売ツン面が強い
この為、何故かいい年をした男性が、Tシャツ+ジーンズという格好は比較的煙たがられる。祝日だろうとこれは同様の様だ。

和服


I/51KyZ70vIPL._SL500_.jpg” alt=”いろはにキモノ vol.4″ align=”right” border=”0″ />

いろはにキモノ vol.4

成人式、結婚式や、葬式、といった行事ごとで和服姿を眼にする事は稀にある。ただしっかりとした和服は少ない。
現状もっとも多く消費されている和服としては浴衣が一番出荷量は多そうだが、これも殆ど劣化版だ。気安さに工夫を凝らしており、帯なども留めるだけのようなものが多そうな印象だ。男性の夏向けの浴衣・甚平・作務衣などは、あまり見かける事は無い。元旦や結婚式、成人式の袴姿くらいだろうか。
国技では頻繁に着られる和服
剣道などの練習着も普段から袴なので、こちらの方が見かける機会は多いかもしれない。同様に弓道も衣装は袴だ。
空手や柔道の胴衣もしたはズボンだが上着は和服に近い。
普段着としてはあまり見かけないが、一応着用する文化はきちんと根付いている。
和服関連の記事

価格と品質で二極化する衣類のメーカー

ユニクロや「しまむら」など安くて種類が多いファッションのブランドが一般層に受けている不思議もある。最近では海外からのブランドでもFOREVER21(フォーエバー21)等のような安い衣類の販売店は増えてきている。
完全に価格が高い衣類や靴のメーカーとお手ごろ価格でデザインが豊富というショップと二極化が顕著な印象が強い。

衣類のネットショッピング

特にファッションのネット通販では重要視すべきことが家電や書籍食べ物とは大きく異なる。
圧倒的にファッションの利用では送料無料と返品無料が30日間の ロコンドかAmazonのファッションが利便性は高い。

多様化するネットショッピング

各ブランドやメーカーが直接公式サイトで販売している事例もあるが、商品価格は通常価格であることが殆どでラインナップは最新のものしかないことが多く(メーカーにもよるが、衣類では古いモデルは販売されていないことが多い)、送料などの点ではネックになる。
反面、ショッピングモール型の、Yahooショッピングや、楽天市場は出品数は多いが店舗毎に対応が異なるためファッションの利用では、利点は低い。

amazonmuryou
お家で試着

コスプレ

コスチュームプレイの省略された形でコスプレと呼ばれることが多い。

  • 学制服コスプレだったり、様々な職業のコスプレ(なんちゃって**校生などというジャンルが発生していたのはもうかなり前ではあるが、一般的なコスプレとしては職業コスプレが多い気がする。)
  • ハロウィン等のようなお祭りまでも、コスプレが行われる場と化している。この場で用いられる衣装のジャンルはかなり幅広い。各種テーマパークなどで客がコスプレして回るのが確認されてきたのもここ数年だろうか。
  • 漫画アニメやゲームキャラクターのコスプレ(相応のイベントで見かける程度)
  • メイド服(メイドカフェ等)メイドカフェが大量に出たのは2000年代からではあるが、一般層への浸透はマスメディアによるところなのかそれなりに浸透した感はある。
  • 巫女装束:白衣と緋袴の、巫女服に関しては、コスプレというにはさほど普及していない。仕事としての巫女装束も巫女が常に居る神社の数の方が少ないうえに、それほどの規模の神社があちこちにあるわけでもないことが強い気がする。
  • コスプレ衣装 注目の通販サイト

    衣類乾燥機 ランキング 2013年度版

    動画

    学生制服動画