2014年度時点でも増えているインターネットのショッピグサイトは
『ネットショップ』と略して呼ばれたりしますがECサイトというのが適切な種類です。

これらのネットショップはインターネットが普及したことで普及してきましたが、20世紀には存在していない大きな変革をもたらしました。
大不況でもネット通販は絶好調の理由は、百貨店やスーパーといった小売業は、ここ何年も消費低迷で苦境に立っていることはご存知だと思います。しかしそのなかでも通販業界は好調な伸びをしめしており、インターネット通販が拡大するとと共にクレジットカードの存在意義も拡大してきました。

日本で一番流通量・売り上げが大きいのはAmazonでしょう。
日本のAmazonでも顧客満足度の高さが95%以上と言われており郡を抜いてリピート率が高いことが欠かせません。

ショッピングモール

日本国内で最も大きなショッピングモールのサイトといえば、楽天市場でしょう。
数多くの、ECサイトが出店しており、その数が2012年度初頭の時点で、約38,000店舗といわれています。
取り扱いの品数も約95,600,000点と莫大な数の中から検索することが可能なショッピングモールサイトです。

楽天証券や楽天銀行などとのポイントの共通性でも、利用者に便がある点は否定できません。
これらの各種サービスで溜まったポイントが楽天で買い物のときに使えるという点はかなりポイントのありようとしては有益な事例だと思います。多分楽天ポイントほど使用用途が多く、貯めやすいポイントサービスは無いのではなかろうかというレベルです。

楽天市場のデメリット

  • デメリットはというと楽天運営による大量のメールマガジン。店舗単位のメールも購入時に購読するにチェックが入っているなどウッカリ登録されてしまいがちなシステムのまま何年間も運用されづけている。
  • 楽天市場自体もショッピングモール型のデメリットを最大限に発揮しており楽天運営自体はショップとユーザーの取引には一切関知しない(責任は取らない)仕組みなので、結構問題がある製品が販売されていたり販売方法もブラックな手法が横行している事が稀にある。
  • ヤフーショッピング&オークション

    ついでYahoo!ショッピングと、ヤフーオークション
    最近ではYahoo!JapanもYahooポイントをTポイントと提携したり、
    Yahooショッピングへの出店費用を無料化したりで
    ショッピングモールサイトも変革期に来ている印象を持ちますが、
    今のところヤフーに関しては魅力はさしたるものはありません。
    >>Yahooo!ショッピングhttp://shopping.yahoo.co.jp/
    Yahooオークション位が目玉な日本のYahoo!ですが、
    これまでも、なんとかオークションといえば『Yahoo!オークション』というイメージではありましたが、2013年度に名称を『ヤフオク』にしてしまったので、何故か滑っている感じがするのでした。
    対抗する楽天オークションは最近はイマイチ パッとしません。
    (一時期の送料手数料改変が潮時だった印象が残っています)

    Yahoo!のデメリット

    • Yahoo!ジャパンは、楽天市場と同様にショッピングモール型のサイトでYahoo自体の保障精度以外では基本ノータッチでヘルプも閲覧しにくい。
    • オークションでもプレミアム会員でないとオークションの出品・落札が制限があったり、評価で入札制限の仕組みがあるのが痛いこの詳細は品物で制限レベルが異なるので落札するまで分からない。落胆感が強いのでヤフオクで検索するのは辛いものがある
    • YahooポイントはTポイントと連動したサービスを行っているがTポイントを使ってない場合は、Yahooポイント自体は他の方法では貯めにくい。(提携サイトとのポイント交換もあるが幅が狭すぎる)

    追記:2013年10月に出店手数料の無償化を開始したことでYahooショッピングに出店する店舗数が増加の傾向にあるようです。
    2013年12月14日時点においては、楽天市場で11月頃こら12月初頭に2重価格のセールの問題が出ていた事と同様にYahooショッピングでも問題が後に浮上していましたが、出店無料化を図ったYahooショッピングの運営としては負が悪い感じがします。
    Yahooと楽天市場と、両方のショッピングモールサイトは互いに競い合っている印象ではありますが、次に記載するインターネットショッピングの巨人は日本のインターネット通販においての売上高1位の座を揺るがない爆進劇を進んでいるようにも感じられます。

    出店店舗数は増加の一途

    楽天市場やYahooショッピングは出店数が入れ替わり立ち代りが激しいので、出店数は一定で急激な右肩上がりがない反面、アマゾンは登録商品の数は年々増加している筈なのですから、自ずと利用者は増えるのが道理なのです。
    売り切れ商品でも生産中止でページ削除が無い状態で在庫追加の可能性がある限りはページ数は無限に近い数が増えて生きます。
    書籍などで考えると著作者の権利や出版社の権利を考えても相当な年月で登録数は増えていく可能性が有ります。
    Amazon.co.jp が発送する商品の通常配送料は、いつでも無料
    通販サイトの同業者として、打倒アマゾンを考える場合、普通のECサイトの規模では、検索エンジンのSEOの観点からみても、かなり手ごわい規模だということがある上にAmazon自体もPPC広告出稿を行っているので更に厄介です。その反面利用者にとっては都合が良いサイトである事は間違いありません。

    ECサイトの巨人

    ECサイトというと、代表格はAmazonでしょう。通販事業は既に日本国内ではアマゾンに勝てる企業は存在していない筈です。流通の量では計り知れない規模を誇っているといえます。
    米国発の企業ですが、先進国各国にアマゾンは展開しています。日本からでもAmazon.comの利用は発送が可能な商品は、購入可能だったりします。しかし各国のアマゾンでもドメインは異なるのでアマゾンのIDは共有化はされていないので別途登録の必要性はあります。当然利用するときには各国の言語サイトのAmazonで登録しないといけません。当然この事はkindleなどのデジタルコンテンツの販売・購入なども1つのIDで管理はできません。

    Amazon(アマゾン)ですがこちらはアメリカ発のECサイトの巨人ですが、昨今ではマーケットプレイスにおいて個人ショップでも出品する機会を多く見られるようになってきました。
    従来はアマゾンというと書籍というイメージでしたか、最近ではKindleを筆頭に展開した電子書籍の販売に、個人や企業の出品のマーケットプレイスの拡大に、中古の取り扱いがゲームや、BDなどもAmazonが買取サービスを始めるという風に幅を広げている事が特徴です。
    2013年12月には配信型の動画サービスも開始したことでサービスの多様性は年々進化しています。

  • 2014年4月にはアメリカのアマゾンでテレビと連動した機器も100ドル未満で販売開始しました。(日本での発売は不明ですが)
  • アマゾンだけでもここ数年の変化は目を見張るものがあり、日本国内の通販事業者としては売り上げは一位というのもうなずける所です。
    むしろ他のECサイトで、ここまで巨大な通販サイトは存在していない感じがします。

    鞄財布等はjavari

    送料の差

    他にも、Amazon(アマゾン)は、翌日お届けサービス(有料)や、1500円以上は送料無料だったり、靴の専門ECサイトJavari(ジヤバリ)を展開したりと、実に幅が広いサービス展開を行っています。
    AmazonとJavariでは同一メールアドレスに付与したアマゾンギフト券のポイント等も併用して利用可能です。
    Javari(ジヤバリ)に関しては、セール品の靴でもサイズ違いなどで返品可能なのが他のECサイトと比較すると郡を抜いて利便性を感じます。

    無料で返品の利便性

    しかも室内での試し履き程度(フィッティングを試す程度)で、購入した靴は路上などで未使用であれば、購入後365日返品可能という靴販売サイトがJavari(ジャバリ)なので、アマゾンの運営方針の度胸のでかさが驚くばかりです。
    javariに返品する送料も自己負担は0円です。

    2014年現在javariは、Amazonに完全統合されました。今後は全てAmazon.co.jp内のファッションカテゴリーの中でAmazonが配送する製品のみが送料無料+返品期間30日保障で運用が行われます。

    カード会社のポイント

    日本人はポイントを貯める事がこれでもかというくらい好きなようですね。
    クレジットカードは決済が楽という点だけで無く、ポイントが溜まることが大いに追い風になっています。特定のカード会社のクレジットカードを利用するだけで、ポイント通常の10倍たまったりするキャンペーンなどが容易されていたりするのでついついカードを複数持ってしまいたくなるくらいの優待がごろごろと存在しています。
    楽天市場などでは楽天カードとの組み合わせで決済すると、その分色んなキャンペーンが容易されていることが多く使いすぎに注意したくなるくらいです。

    セディナモール

    暮らしのサーピスや、予約サービスなど200社以上の提携サイトが集まっているサイトがセディナモールです。
    http://www.cedynamall.com/
    ポイントは最大20倍溜まったり、毎月プレゼントが当たる企画があったりと、この手のサイトを経由することはあまり知られていないのかもしれません。

    永久不滅.com

    クレディセゾンが運営するポイントサイト永久不滅.comというサイトがあります。
    https://www.a-q-f.com/
    こちらもポイントが最大で20倍たまるという高いポイント付与がメリットのサイトとして知られています。

    他にも三菱東京UFJニコスの総合ポータルサイト「Point名人.com」http://www.point-meijin.com/ などが存在しています。

    楽天市場

    楽天ポンイトは貯めやすい。溜まりやすい。使いやすい。
    楽天市場はイーバンクを参加にした後に、楽天銀行を作ったり、楽天証券や楽天カードなどでも元々金融サービスは著しく展開しています。楽天と名がつくサービスを多様するのであれば、楽天ポイントが比較的容易に溜まるポイントとして有益なものになっています。最近では楽天ポイントを貯める方法も多様化してきており、edyなど他サービスとの連動なども可能になってきていたり、楽天KOBOなどのサービスも開始されたので使えるサービスは年々増加の一途です。

    アマゾンのポイント

    アマゾンのギフト券は利用する機会は多いのですが、アマゾン内で溜まるポイントというものは実は微々たるものしか実感できない事が多いものです。これは単にアマゾンが買い物をする時のポイントサービスには力を入れていないためだと思いますが、もしかすると日本人がポイント好きなだけでAmazonでは発展させる気はないのかもしれません。(2014年8月からAmazonコインというアプリ用のサービス開始しましたがこれもイマイチ利便性がわかりにくい内容でポイントやギフトカードとも異なるジャンルです。)
    しかしそれ以上にAmazonは品揃えや発送・保障などの面で楽天などを上回るメリットがあることが最大の強みでしょうか。

    アマゾンというと
    アマゾンライダーここにあり
    アマゾンというと如何してもコチラを連想してしまうのでした。

    Tポイント

    TUTAYAが展開したTポイントは、コンビニのファミリーマートが採用しているポイントサービスです。
    Tポイントが溜まる・或いは互換性があるサービスというと各種インターネットのサービスが連動していたりします。
    代表格とすると、Yahooショッピングなどですが各種提携先からTポイントへの好感も可能になっており、今後の展開が気になる所です。
    Tポイントについて

    クレジットカードに関連する記事 FX比較案内
    現在、クレジットカードだけでなくデビットカードも海外では注目されています。

    facebook