プエラリア ミリフィカが安くても信用できない理由がある。
これは原料が少ないこと
唯一、日本でタイから出荷が禁止される以前の種イモ(ガウクルアの実)から生産されている原料の製品も数か月分で1万円程度する。(アフィリエイトタグがASPから取得できなかったのでどこの会社だったかは忘れましたが西の方の県だった筈)
しかし何故ここの製品が半年分でこの価格なのだろうか?

プエラリア ミリフィカの商品

大容量 プエラリア ミリフィカ(約6ヶ月分)

大容量 プエラリア ミリフィカ(約6ヶ月分)

  • メーカー: 株式会社オーガランド
  • 大容量 プエラリア ミリフィカ(約6ヶ月分)

    これはAmazonでのレビュー評価は高い
    株式会社オーガランドはECサイトの専門店であり、サプリメント特化の販売会社ではない。
    DHCなどのように分析などして販売していたりはしないので、内容されている製品の品質は信用できるソースが見つからなかった。

    偽物サプリメントが氾濫する日本

    国内製造と言っているが以前、
    別件のサプリメントでニュースでなっていた記事は、
    国内製造でもパッケージだけ別個貼り付けて
    中身と全く違う製品を販売しているニュースー報道があったりした。
    ちなみに数年前にプエラリアと謳い販売していた製品は中身は芋とか葛化の植物だったというニュースもあった気がする。
    サプリメントはやりたい放題で販売されていて、調査とれて検挙されるのが稀というのが実態。
    この製品試したい人が居るのなら、
    自己責任でどうぞ
    としか言いようがない。※お勧めするには不安な要素しかない。

    製品の品質は?

    要するにプエラリアが入っている根拠としては 一切保障されるものが無い
    海外から輸入されてくる製品でもここまで安くない。
    個人輸入でここ数年のプエラリア製品の価格をみても半年分で 1,026円という価格とかはありえない。
    女性ホルモン剤などで考えても、ここまで低価格なものは見ない。
    プエラリアプラザはタイの認証が、どうたらという番号提示しているので
    気になったら力を入れれば調べることはできそうな製品だが価格は高い。1か月分で5000円程度。
    正直アマゾンのレビューとか多数アカウント取得で幾らでも偽装できるので根拠が無い。
    あとは、プラシーボ的な思い込みが捨てきれない可能性もある。

    調べた結果

    過去に色々なプエラリアと名称が付いた商品を試したもののいまいち効果っぽいものは無かったりした。
    多様に調べてみると、決定的なことがわかった。
    プエラリアミリフィカを含む容量が圧倒的に少ないのだ。(掲示・掲載方法も曖昧な商品が多い。)
    濃縮しているならまだしも、何故日本で販売されているプエラリア製品が、こんなにも効果かが無いのか納得できました。
    鴨葱商売すぎるだろうサプリメント業界。
    国内で販売されているものでは、信頼できそうな製品はプエラリアプラザの商品か、DHCのプエラリア錠剤くらいしかソースになるような商品は無いと考えられる。

    ぎゅーっとプエラリア

    ぎゅーっとプエラリア

    メイン成分としてプエラリアミリフィカをW配合でバランスよく組み込むことで1日摂取目安量282mgを実現。

    これなども微妙。