通販サイトは、90年代のインターネットが無かった頃にも普通に利用していました。
しかし当時は、雑誌などの紙媒体の少ない情報量の中から商品を選択して、
封書や葉書などで注文をして振込み手続きを行って、到着を待つという流れだったので、
様々な面で不便なものでした。
注文が到着するのにも時間がかかり
発送されるまでにも時間がかかる。
注文から、到着するまでの不便さは実に今では考えられないほどの手間が掛かりました。

インターネットの出現で急激に変化した通販サービス

ノートパソコンのキーボード部分の写真
90年代半ば頃から、インターネット自体は普及し始めましたが、PCは10万円台後半くらいの価格からで、ダイヤルアップ接続は、電話の加入権や、使った分だけ課金されるという従量制だった為、あまり魅力は感じられませんでしたが、2000年にもなるとADSLが登場して、その後、高速で大容量のインターネットのインフラが普及していくなかで、ECサイトの数は爆発的に増えた感じがあります。今ではPCだけでは無く、スマートフォンなどてもインターネットの接続で動画が閲覧できたりするような無線網と携帯電話の電波も高速化しているので、凄まじい限りです。

ipodなどのタブレット端末も普及し、アマゾンのkindoleや楽天のkoboといった端末の戦乱状態になっている面でも今後はインターネットに接続する機会はどんどん増えていくどころか無くてはならない存在であることは疑う余地はありません。

便利になった

今でこそ電子マネーやクレジットカードで課金決済が済ませれて、送料無料で本を一冊からでも注文できるのが、まさに夢のような時代になりました。昨今では注文した翌日には自宅に配送してくれるサービスの他、宅配ピザなどの出前もインターネットで注文決済して数分後には受け取れる時代になっています。

デメリットも生まれた

電子書籍や、ダウンロード動画などのコンテンツも、ここ数年で一気に増えた感じがありますが、中には有料のポイント制サイトや、情報商材などの怪しい文化も存在はしています。
最たるものいうと、2010年ごろの落札することが出来ないペニーオークションなどは典型でしょうか。
便利なサービスがある中に潜んでいる詐欺的な電子商取引のサイト。
消費者庁が出来て、消費者センターなども対応の窓口は増えていますが、中々インターネットの中の詐欺的な商売をしているショップやサイト運営者というのが後を絶たない側面も存在はしています。
オークションサイトなどは個人が出品できるために信頼性を担保されるものが一切ないサービスも存在しています。

世の中にはデマとしか思えない美容や健康に冠する方法があふれかえっています。

いつまでものさばる嘘

例えばダイエットというっても**ダイエットというように明らかに栄養バランスを度外視した方法がまかり通っていたりするようなものです。
他にもバストアップ方法などでザクロが効果があるだとか大豆イソフラボンが効果があるといった記述が厚生労働省が否定したのにも関わらずインターネットの上では記載が訂正されることなく残っている物もあります。

テレビ?本?インターネット?口コミ?

テレビや本のメディア文化から、21世紀には、インターネットが普及して2000年代には口コミ(ソーシャルメディア)のサービスなどが広がりました。
2009年ごろには消費者庁が設立されて、消費者の権利などを守る動きは出ていますが、いかんせん縦割り機構の公的機関のためなのか、ありとあらゆるジャンルで、嘘や詐欺的なビジネスは横行しているのが現実です。
テレビや新聞等でも、実際には取材しないで報道する有様。
書籍などは化学的な分析や検証がまともに行われていない製品を紹介していたりする物も存在しています。
インターネットではアフィリエイト報酬優先のサイトや、売り上げが出ればすべてよしな感じでセールスページで誇大広告を宣伝しているサイトもごろごろしています。

口コミサイトもステマの嵐

口コミに関しても、一方では某ログサイトが、サクラ行為の業者によって荒らされたり、Amazonのレビューでも相当な荒れようが出ていたり、某大型モールサイトの*店等では電子書籍のレビューを当初すべて削除するという暴挙に出ていたりしますので、信用できるコンテンツは殆どないともいえます。
むしろインターネットなどでは、嘘か信じても良いのか?の判断は、閲覧した人の価値基準にゆだねられる部分が大きいのでしょう。

真実を・・・

これらのように、実際には試していない、あるいは効果が無いとしか思えない記述が山ほどある為に何を信じたらいいのかさっぱり分からない世の中になっているので、美容と健康、ダイエットに関して管理人なりに実体験を通して分かったことを綴っていきます。

  • 注意事項
  • 問い合わせ

  • 通販.jp

    Facebookページも宣伝






    動画

    動画