ジュジュール株式会社のコーポレートサイト件EDサイトの事例から考える。

株式会社ジュジュール
ジュジュールネットチタチタ
http://www.citacita.jp/

ウェブフォーラムより

フリーのweb屋レベル 1
サイトの URL:http://www.citacita.jp
上記サイトの検索結果なのですが、「株式会社ジュジュール」とかなりのスモールワードで検索してもTOPにきてくれません。
何か考えられる原因ありますか?

という
ウェブフォーラムの記載があったので若干気になった。

SEO

ひとまずこの手の独自の単語で上位表示ねら場合は似たような単語で競合がいると辛いことになる。
たとえばジュジュールと言う単語は独自の造語かもしれませんがジュジュなどという単語はみかけることが多いものです。
JUJUジュジュ という歌手など。
これらの関連サイトが、上位を占めてしまう可能性があるために、
個人的には、株式会社ジュジュールという名称にして、サイト運営するのはハードルが高い。

ジュジュールで検索すると、約 199,000 件 (0.44 秒)
存在している。
このことでアメーバブログが上位に来ているのですが、
ドメインのコンテンツや被リンクが該当のサイトは、アメブロよりも劣っているのだろうと考えられる。
facebookページで表示されているサイトが、関連サイトなのかどうかも不明な点でも否めない。
SEOで集客するには、2つの対策要素と修繕点
どちらにしても今後インターネットから集客するのに、個人規模で運営している中小のECサイトが収益を増やすためには、相当な努力が必要だと考えられる。
一層PPC広告のスキル覚えたほうが早い気もする。

ペナルティーの可能性

過去に被リンクなどで低品質のリンクなどが掲載されているとペナルティーを受けている場合も考えられる。

中身が大事

検索エンジンにはコンテンツが重要。
コンテンツマーケティングとはでも述べましたが、今はコンテンツが最も重要で戦略も必要。
某どこぞのサイトが外注してまで記事大量製造していたりしてコンテンツマーケティングが一番などとドヤ顔しているようですが、
そうでなくとも、コンテンツが最も重要なのは、2015年代の検索エンジンでは明らかに分かりきっている方向性なのが顕著なのだ。
このことに気づけないECサイト運営者やコーポレートサイト運営者は、正直適正がないと言わざるを得ない。

アマゾンAmazonで『ジュジュール』を検索する。

楽天市場で『ジュジュール』で検索する。