Word 単語は、言葉のことですが、
現実社会で使う言葉と、電話や手紙で使うことば、
オンラインで使う単語などでは微妙に使い分けがされたり、
特定の場でしか使わない単語が存在している。

インターネット上ではスラングが用いられることが多い。
これらの単語は、知らない人には「何のことか連想が付かない」という単語が割りと多く存在する。

時代とともに変化する単語

日本語だけでも時代で単語の意味や内容が微妙に変化している。
1世紀も過ぎると全く異なる表現になったりすることもしばしある。
若者言葉や、流行語などのように廃れて消える単語も多い。
これに関しては、その時代時代の言葉であり、万一タイムトラベルとかが出来ても言語の壁は相当険しい予感がするので
フィクションは相当成り立たない気がしてしまう。
ミレニアル世代とは

インターネットの単語

インターネットの普及により、パソコン用語だけでなく、ネット機器や接続に使う単語、スマートフォンの普及でそれに付随する単語など、一気に使う言葉は増えた。
インターネットのスラングも生まれたことにより、ネット文化独自の単語や2ちゃんねるに代表される掲示板発の単語
ソーシャルメディア固有の単語Twitterだと「リプライ」「リツイート」「ふぁぼる」等様々な単語が一気に増えた。
Facebookの「いいね!」等(英語圏だとLike)
従来ならば特定の年齢層やグループなど小規模な層が形成されていた言葉が今ではWEB上から誕生することが多く目につくのも大きな変化といえる。
当然それらのサービスを使っていない人には、何の事だかさっぱり見当がつかないという単語は多く有る。
現実でのコミュニケーションにおいても知識としての差が出てしまうことで会話が途切れたり混乱を招くことは多い。

変化していく言葉

従来なら使わなかったような言葉でもネットでは平気で使うような現象もみられる。
暴力的なことばや侮蔑てきな言葉など、現実社会でいえば非難されるようなことを平気で相手の顔が見えないインターネット上では行う人が、幼い人から高齢の人まで実に多く存在している。

【auひかり】フレッツ光よりも月額1,260円おトク!