『ハゲあるある』について
ハゲている芸人の自虐ネタに笑えなくなったり、
若ハゲだったのに年を重ねただの「ハゲ」になったりただでさえつらくとも
禿げていることで様々な苦労があるのも頭髪の薄毛の悩みだろう。

バーコードハゲ

バーコード禿が出来た明確な理由は不明
ですがなぜ中年男性は左右の髪の毛を真上に持ってくるという異様な髪形スタイルを発展させたのか?
鏡の前ではバーコード上にすることで髪の毛がまだある様に錯覚するという説が説かれている。
毛が有るように擬態して剥げていないと思い込むための自分自身への慰めなのかもしれない。
外見こそ、不潔な見た目に見えるバーコードですが整髪料以外は割と清潔な人が多いともいわれていますが傍目には良い印象には見えないのがバーコード禿だろう。

前髪が薄い時

頭髪が薄い人の頭
どうしても髪の毛のボリュームが無い
もしくはM字に禿げかえっている場合。
足りない頭髪を隠すためにすることは後頭部の髪を伸ばし前に持ってきて、スプレーでガチガチに固めるパターン。
最近の若い男性は変な髪形も珍しくは無いため、違和感は感じない。
ある種のバーコードの進化系と言えるだろう。

公共の場所で椅子に座りたくない

疲れたら誰しもが椅子に腰を掛けたくなるものだ。
しかし禿げていると全く異なる。低い位置に頭をもっていくことが憚られるのだ。
自分よりも人の視点が上にある場合。
頭頂部の髪の毛が薄い人ほど自分の頭髪の砂漠が気になってしまうものである。

天気

強い横雨の天気
一般的に天気を気にする人は、雨が降るかということや、今日の気温を気にする人が大半だ。
ただし剥げている人は、風量が気になる
台風は雨よりも風だ。
風に次いで雨といっていい。⇒整髪料が無効化されてしまう為。
雨は、傘で回避できても風はしのぐことが出来ない。
スタイリングの為に髪が乱れるという次元ではなく、
自分が剥げていることを隠している時には、人生を左右しかねないことになるため非常にシビアな問題だと言える。

禿げるくらいなら剃る

スキンヘッド(剃毛した頭髪の事)は、髪の毛が無い為、髪のボリュームというよりも生きている毛根の数が見た目には分からない。
結果としてハゲを隠すには禿にするという究極のステルス効果を保有しているといえる。
デメリットなのは何日間も剃る事を怠ると坊主頭になってしまうため禿げていることが明るみになるという事だろう。
炎天下でも日差しに弱く帽子が欠かせないシーンが増えるのもキツイため、屋外の仕事が多い人には不便だったりもする。
お地蔵-pakutaso-com
ハゲ対策

しみ対策用のケシミンC記事で炎上?小林製薬とAll About(オールアバウト)