靴擦れは痛い。
サイズが違う靴を履いて、かかと等に負担がかかると靴擦れになるって皮がむけたり水泡上のものが出来たりする。
これの治療方法としては、靴を履かなくても良い。
または、大きめの靴が履ける生活サイクルであれば、キズパワーパッとなどが効果的だと思う。
水に濡れてもはがれにくく傷口に水が浸透しない点でもメリットは感じられる。

スポンサード リンク

靴擦れの治療に

バンドエイド キズパワーパッド フツウ
キズパワーパットのようなもので以前どのくらいで治療が可能が、実際にこけたときの手の平の擦り傷で試したところ、8日目には傷が完全に塞がっていた。

湿布療法はバンソウ療法と異なる


傷パワーパッドは湿布両方だ。傷口を乾かさずに体内の免疫で重点的に治療する方法です。
絆創膏は乾かして直すタイプなので真逆に位置する。
傷パワーパッドで、皮の見た目がきれいに完治するのには個人差があると思うが
比較的痛みや、入浴に支障が無く治療することが可能だ。
雑菌などに関しては、取扱い説明書を参考に治療にあたってほしい。
絆創治療の苦痛が個人的にも耐えがたいものだったので試したキズパワーパッとでしたが、
ひとまず靴擦れにも効果があると思う。
取扱い説明書には、靴擦れにも使えるという記載がある。
あと小さな靴を履き続けるデメリットとして、魚の目ができやすくなるという点がある。
人間は一定の年齢になると足の皮膚の代謝が非常に悪くなり皮も硬質化してくる。
皮が固くなるためなのかどうか直接的な関係性は知らないですが、
ひとまず小さな靴を履いたり足に合わない靴を無理に履き続けることは、いろんな面で不調が出るので十分にフィッティングには気を配りたいところです。