クレジットカードを自己破産者が再度開設する為に要する期間は6年から7年間程度要する。

しかしながら個人情報のデータに差異が多々見受けられ一概にどれがどとうという履歴が解りにくい。
全国銀行個人信用情報センターに情報開示をすると破産した日の記載は10年間は消えない。
この辺りの取り扱いも異なっている様子である。

スポンサード リンク

延滞に注意

ポイントとしては自己破産時に全て延滞しているようなものを全て真っ白にすれば、問題ないが
何か負債が残っていたりすると、データは残る。
単純に何年間か立てば再度クレジットカードを作るのに問題が無いというものでは無いことは、心に留めておくべきだ。

会社で異なる審査基準

審査の基準も実にカード会社によって異なる様子で、照会する内容にも差異がある様子。
比較的どこどこの、カードは甘々などとインターネット上では囁かれているがクレジットカードの内情がいまいち見て取れないので判断できないような内容である。
日本においてはデビットカードがあまり普及してないことが、クレジットカード盲信な気がしなくもなかったりしますが…。