人。
日本円のお札
なんというか、勝ち負けだとか、FXでどんなに為替が動こうともどういつのようにいわれる文言。

FXをしたことが無ければ、2万円からでもFXがどんなものか触れてみたらいい。
ちょっと貯金すれば社会人なら難しい金額ではない金額でFXを始めることはできる。
お金をかけないでどんなものか試す場合でも、

スポンサード リンク

デモから体験できる

FXの、口座を作らなくても
デモトレードでメールアドレスと簡単な会員登録だけでデモ取引は始められるのだから。
むしろデモトレードは重要視してもよいとさえ思う。(デモトレードにはまり過ぎるのはちょっとあれですが・・・。)

FXで危険なこと

むしろFXに興味があって取引をしたとしても、知識を身につけないことが一番危険なのだ。
何を根拠に買って何を基準に決済するのか?それすらの根拠も調べないうちになんとなく取引していると博打でしかなくなる。

  1. 今が安値なのか?
  2. レバレッジは、今保有しているポジションが、どうなったらどうなるのか
  3. それとも高値なのか?
  4. 市況が何なのか経済関連のニュースの予定がいつなのか?
  5. テクニカルチャートの見方他、
  6. etcetc

調べる姿勢

FXでFXに関する知識が無いまま多額の取引をするのはかなり危険なので、
きちんと知識を身につけることだけは忘れてはいけないと思う。
最初からFXの知識でテクニカルチャートの見方だとか、専門用語を理解できる人は居るはずがない。
知らない単語をWEB検索ででも、書籍を購入してしらべるなど、『調べる』ことすらできない人は手を出してはいけない。

FXについて調べる→取引方法を調べる→デモトレード→トレード方法を調べる→デモトレード→FXについて調べる

上記の通りで順繰りでこなして自信がついてから、実際の取引で十分だ。
しかし実際の取引もいきなり何百万円も入金しなくても2万円からドル/円の取引は可能だ。
最少額での取引をするように注意して始めるのが無難です。

教えてくれ姿勢の人や、どこかに儲かるノウハウが無いか探す人はそれこそNGの鉄板だ。

学習できない人は向いていない

FXの市場はインターバンク含めプロのトレーダーやAI、各種金融機関が取引している世界がマーケットであることは
メリットの反対にデメリットもある。
スリッページが度々問題になるが、取引量が多いタイミングで取引することがそもそもハイリスクだと気づけない時点でギャンブルなのだ。
ちょっとやそっとの怪しい会社が販売しているノウハウで一攫千金が稼げる方法などが存在するはずがない。
テクニカルや取引タイミングは最終的には自己責任の結果でしかない。
自己保身のために正しい知識や取引方法を身に着けることが出来ない人はFXでの取引はやめておいた方がいい。
塩漬けで儲けたいのであれば、株式で大手の株券でもかって保有しておいた方がリスクは少ない。