魔法少女まどかマギカ オンラインの攻略方法をいくつか要素を挙げてみる

  1. ログインチケット
  2. 使わずに貯めること。
  3. プラチナチケットは兎に角使わずに溜め込むこと。

  4. 30枚になったら一括オープンで10回同時にオープンすること。
  5. そのほうがUU武器の出現率は高い。

毎回オープンしていたら常にSSのLV40武器などが乱発しやすくなる。
10回同時オープンだとU武器やUU武器が出やすいので、バラで単発でオープンするよりは30枚溜まってからオープンすることを徹底する事。
(※時期によって異なる。レイド武器出すようになってから、10回中1個でない事が多くなった。)

課金はお勧めしない

「”魔法少女まどかマギカ” オンライン」このタイトルだけで始めたブラウザゲームではあるが、たかがすごろくのゲームなのに課金してしまう猛者が多いのは驚くべき事象だろう。
魔法少女まどかマギカの何かであれば
ゲーム性は完全度外視で課金する人がいる不思議を見ているかのようだ。
或いはこのゲームが運営されていたり2chのスレッドや各種ツイートの記載は幻か何かなのかとすら感じてしまうほどだ。
(2014年の決算が赤字だったというニュース記事が出ていた。ただでさえ性もないすごろくゲームなのに、運営の経営状態が怖くて課金したくなくなる。)

アイテム課金のゲーム

一応、基本プレイ無料でアイテム課金のゲーム内容ではあるが、注意してほしいのが、このゲームのアイテムの価値はバージョンアップや新武器追加で一気に価値が下落する。
3000円課金して払ったところでU武器かUU武器が出に入れれるか?どうかという水準でしかない。
UUスキルだとかU魔法少女といった、追加上位アイテム出されるたびに過去に課金していたものも無価値になる。

1個で3000円。
6キャラクター分となると18000円程度は掛かる。
機能的に考えると、UU魔法少女やUアクセサリーやスキルカードも存在していると考えられるので果たして
何万円掛かるかを考えると上位プレイヤーに追いつく装備にするには10万円くらい用意しないと並べない。
当然強化する時間の労力や合成するゴールドを考えると、実に途方もないゲーム内容だ(それ以前にゲーム性としては破綻している)。
これが如何に、あほみたいに高い価格なのかを冷静に考えてほしい。

ギャンブル性

下手なサクラ系出会い系サイトなどよりも違法性すら全くない商売なので美味しいのは運営だけだろう。
(版権もとがどの程度の取り分かは知りませんが・・・)
ただまぁ原作信仰サービスとしてはパチンコよりはまだマシかも知れないと感じる程度である。もしも有る程度の比率で版権もとが利になるサービスであればこれはこれでいいのかもしれない。ただ運営はゲーム性を、もうちょっとどうにかしろとは常に思うが。

価値下落が激しい

1年前に3000円程度だった物の価値が、1年後には0円になるということ。
1年前はSS武器が最高だったのに
今ではU武器やUU武器が上位であり単品の攻撃力は1万オーバーしている。
SS武器は最低ランクのものなら、スペシャルキュベエボックスでごろごろ出てくる有様だ(200回位回したら1個くらいは出る)。
ここまでゲーム内のアイテムの価値が下落する実績を作った運営のアイテム課金に付き合うのは無理がある。

魔法少女に関してもSS魔法少女どころかU魔法少女のステータスなどは脅威なものでしかない。
レイドボスランキングの上位に入ればU魔法少女やアクセサリーなどがもらえたりするが、そもそもランクインできるユーザーが灰課金者なので、普通のサラリーマンや学生が肩を張り合うには無理がある。
どう考えてもBOTか何かで自動操作でもしていないかぎりは、
順当にランキングなどで楽しむ事はできないので楽しめる要素は無い。

結局課金(数万円単位)しても大して効果は得られないので
ソーシャルゲーム・ブラウザゲームの限界を感じる水準でしかない。
原作タイトルもののゲームはなんというか、いつの時代でも痛いしいものである。
魔法少女まどか☆マギカ 第1~3巻連動購入特典スペシャルCD「魔法少女たちのお茶会」

魔法少女まどか☆マギカ 第1~3巻連動購入特典スペシャルCD「魔法少女たちのお茶会」

  • メーカー: アニプレックス
  • 出版社: アニプレックス
  • 発行日:2013-12-08
  • 魔法少女まどか☆マギカ 第1~3巻連動購入特典スペシャルCD「魔法少女たちのお茶会」