乳がん患者の8割は朝、パンを食べている という本を見かけたのですが単純に炭水化物摂取しているからだろう。

乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

女性のガンの中で患者数がもっとも多い「乳ガン」。現在、日本では約20人にひとりの女性が乳ガンを経験するといわれている。女優の田中好子さんをはじめ、著名人・有名人が乳ガンで亡くなるといったニュースも絶えない。この乳ガン、あまり知られていないが、実は食生活が大きく関係している。“食”のスペシャリストで管理栄養士の幕内秀夫氏いわく、「乳ガンほど食事の影響が大きい病気はない」という。食の欧米化が進んだ結果、スパゲティやサンドイッチなどの“カタカナ食”やパン食が増え、乳ガン患者の7割以上が朝ごはんにパンを食べているというのだ。本書は、これまで取り沙汰されなかった乳ガンと食事の関係について焦点を当てています。

  • 著者: 幕内秀夫
  • 出版社: ジービー
  • 発行日:2012-01-20
  • 乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

    レビューから見ると朝昼晩と炭水化物を食べているということが分かる。
    ただし、この本もまがい物で昔の日本食なら問題なしとしているようだ。

    癌の原因

    癌の栄養素は炭水化物ということは分かりきってる事実だ。
    この事を無視して、3食ご飯たべていたら何の問題も解決しない。
    早死にしたければ
    炭水化物食べ続けていもよいと思いますが、癌になりたくなければ炭水化物の摂取は自重すべきだろう。
    癌と炭水化物(糖質)|健康と危険についての知識

    <がん>たばこ吸う人の再発リスクは2.5倍に 山形大調査

    毎日新聞 12月23日(水)13時28分配信

     山形大医学部は22日、がん経験者が喫煙することで再びがんを発症するリスクが非喫煙者の約2.5倍になると発表した。記者会見した同大医学部の嘉山孝正参与は「がん経験者でたばこをやめなかった人は、がんにも心臓病にもなりやすい。一度がんになった人は完全にたばこをやめなさいということ」と述べた。11月発行の日本癌(がん)学会の専門誌「キャンサーサイエンス」に掲載された。
    http://mainichi.jp/articles/20151223/k00/00e/040/184000c

    『一度がんになった人は完全にたばこをやめなさい』ですって。
    心臓病にもなりやすいというはのなんだかな。


    【炭水化物を控えている方へ!】