健康についての記事です。
日本人の平均寿命は長いのですが、虫歯や成人病にかかる人は多く糖尿病や花粉症など、国民全体で考えても疾患にかかる人は多いのが現実です。
何故人は不健康になるのかということから紹介したいと思います。

平均寿命

Average life

Google検索で表示されるデータは平均寿命 日本の検索結果
83.10 歳 (2012年)とのこと。
ただし長生きできれば素晴らしいということは無く、健康的に長生きできないと意味がありません。
寝たきりや、内臓がボロボロになって長生きするのはそれだけで苦痛だと思います。
入れ歯になると食生活から崩れるためかなり苦労してしまいす。
長生きと健康でいることは重要なポイントなのです。

暴飲暴食

健康を害する要素に暴飲暴食が挙げられます。
脂分の採り過ぎ。
アルコールの飲みすぎなどで肝臓への負荷。
特定の食品だけ食べ続けることの栄養素の滞り、
レトルト食品などを食べると保存料や添加物など、自然植物には無い物を摂取するリスクがあります。

喫煙

喫煙は基本的に、体に悪い作用が大きいものです。
口内や肺にたいするニコチンによる汚染。
血管の収縮、他各種弊害が起きるものですのでタバコはすわない方が健康的でいられることは間違いありません。

運動不足

運動不足で不健康になる理由のイメージとして肥満を連想していましがちですが、肥満は食事制限で解消できます。
運動が健康に必要になるのは、筋肉や骨といった組織を高めることの方が重要です。

炭水化物

健康を侵害する要素の一つに炭水化物があります。
本来は必須栄養源だと考えられていましたが最近では炭水化物の見方は異なっています。
これが原因で糖尿病や肥満各種成人病への影響が問題視されています。
健康に生活が行いたいと考えるのであれば、炭水化物から食物繊維を引いた『糖質』とよばれるものを制限することで様々なメリットがあります。
糖質制限の方法

「健康」カテゴリーの記事一覧