サイトの記述で使う『Hタグ』とは、HTMLで記述する見出しタグのこと。
基本的にはh1~h6までがある。

スポンサード リンク

Hタグの種類

h1、h2、h3、h4、h5、h6まで有る。
通常はH1から順に記述する。
Hタグの使い方の例
Hタグは、数字順に使うことが決まりで、飛び抜かして記載することは想定していない。

Hタグのデザイン

HTMLの手書きで作る場合は別個CSSなどでHタグのデザインを設定した方が見栄えは良い。
ブログやWordPressのTHEMEではデザインした人がHタグの装飾を用意していない事があると
そのまま表示されることが度々ある。
この場合見出しとして逆に見づらくなることが有る点は注意。

重要性

Hタグを使うことがSEO的なメリットがあるのかというと、特段使っていない場合との極端な差は見受けられない。
THEMEを変更したりすると、Hタグが歯抜け状態になったりする可能性がありますが致命的にアクセス数がダウンしりすることは無い。(好ましくは有りませんけど)
文字『Hタグとは』