高い価格の日本円の硬貨
特定の記念硬貨や、レアな硬貨を除いて
一般的に使用されている通常の日本円の一部で枚数が、少ない硬貨の希少価値が高めの硬貨について紹介する。

製造枚数が少ない硬貨

特定の年度だけ発行枚数が少ない硬貨が存在する。
一般的には、1つの硬貨あたり1千万枚以上の単位で新発行されるのですがその年年の動向で発行枚数は大きく変動する。

1円

平成23年:45万枚
平成24年:65万枚
平成25年:55万枚
これらが枚数が極端に少ない

5円

    22年から25年と、昭和32年度の5円硬貨

  • 平成22年:50万枚
  • 平成23年:45万枚
  • 平成24年:65万枚
  • 平成25年:55万枚
  • 5円玉は1円よりも、年度がプラス22年度の5円が少ない発行枚数だ。

  • 昔の5円で昭和32年度の楷書体の5円も枚数が唯一少ない。

10円

昭和33年のギザ10最後の年が この年だけ2500万枚と最も少ない
他の年は1億枚程度発行されている。

50円

    22年から25年で5円と平成は同様の年が発行売枚数が少ない

  • 平成22年:51万枚
  • 平成23年:45万枚
  • 平成24年:55万枚
  • 平成25年:55万枚

100円

    平成13年と14年の百円玉の2種類のみ極端に発行枚数がほかの年より少ない。
    平成13年度の百円玉2枚

  • 平成13年:800万枚
  • 平成14年:1000万枚

500円

昭和62年度200万枚
この年だけ少ない

硬貨と背景。

硬貨は電子マネーに押されつつある。
インターネットショッピングなどでクレジットカード決済や電子マネーの決済が増えている為現実で使われるお金の必要性は年々薄れていっている。
同様に最近ではBitCoinなども出現したことで今後のお金のあり方は大きく左右される可能性が出てきた。
電車の乗り降りもSuicaなどの交通機関用決済の電子マネーが発行されて10年以上たちますが、券売機でいちいち乗車券を買わずに済むため硬貨を使う頻度は年々減っている。
今後も硬貨の使用頻度は年々減るとは考えられますが、使うことが、なくなることは無いだろう。

日本と硬貨

クレジット決済は増えない日本の背景。
クレジットカード決済は使えないお店が多い。
クレジットカード決済は、クレジット会社の手数料の壁や、仕入れまでの決済タイミングの問題で中小の小売業者には導入が厳しい壁が存在している。
クレジット決済を導入しておけば店舗に多額の現金がなくとも運営できるメリットがある。
お釣りも大量に用意する必要が無く、決済の打ち間違い・支払いミスも起きる可能性が少なく済む。
しかし、日本においては、現金を大量に店舗で取り扱いしていても強盗に襲われる頻度がないことも関係しているのかもしれない。

道路の自販機
日本では自動販売機が多く有る。
道路での自販機荒らしが少なく被害も少ない為、治安の良さと自販機の比率では日本は世界でも稀にみる自動販売機国家だといえる。

店舗でも自販機
ラーメン店などでも食券を購入するタイプのお店が増えており、食券を導入することで決済する人員の削減が可能な労働現場の事情もある。
券売機を導入するだけで人1り節約できるとすれば月間10万円以上の人件費を抑えることが可能なため導入しない方が不利である。
衛生面でも毎回硬貨に店員が触れないで済むため衛生的なメリットも受けられる。

coincheckのバナー

coincheck

1992年 平成4年 プルーフ貨幣セット ミント 大蔵省 造幣局