ここでは、インターネットでお金を稼ぐ方法について紹介します。
インターネットは情報を受け止るサービスだけでなく、発信することも可能な相互発信が可能なサービスだ。
この点では旧来のメディアとは大きく異なる。
使い方さえ間違えなければ壮大な可能性がある。
5円玉

『お金を一人で稼ぐ事』これは20世紀までだと意外と難しいことだった。
インターネット
今では、中学生でもインターネットが、あれば簡単に稼ぐ事が出来るようになった。
アンケートサイトに回答してポイントを還元されて、そのポイントだけで買い物するなどという恐ろしい手法はネットが無かった時代には考えられない手法だ。
今では中高生くらいでも普通にスマートフォンを持っていそうなイメージしかない。
(LINEなどの普及のため。反対に家計の通信費用はバカにならないのでしょうけども。)
何も新聞配達のアルバイトだとか家の手伝いなどで小遣い稼ぎをしなくとも、自宅のPCとインターネット、それとブログなどがあれば、稼ぐ事は可能だ。
収益化していなくとも、投稿者は小中学生だろうとおもわれるYoutube動画のチャンネルも存在している。
これは早目にチャンネル解説⇒動画投稿を行っていれば、
被リンクやら、コンテンツの量という点で、プラスには作用するし、
アドセンスの規約では確か18歳から銀行口座があれば収益化可能な筈なので、
今ならば、小中学生でも今後収益化できる可能性は高い。
(アドセンスな関しては、親の許諾のもと、保護者のアカウントと連動させたりして収益化する方法がなくはないのですが割愛。)

お金を稼ごうとしても若い世代が稼ぐことが出来ないのは、学生から搾取される日本の構造がある。


高校生が、ファーストフードの最低賃金+数十円の賃金でアルバイトするよりも、「ネット使って小遣い稼ぎしたほうが、よっぽどリターンはあるのではないだろうか?」とすらおもってしまう。
学生がアルバイトとして働くことに賃金以外にも色々な得るものはあるとしても本業に支障がでるようなのが、昨今のブラックなアルバイト事例だ。
大学生がファーストフード店や、コンビニチェーン店、大手牛丼チェーン店等の、ブラック企業に使い捨てにされているといった感じのニュース記事をみたりしましたが、ひとまず、何でそんな割りに遭わないアルバイトしているの?としか思えない。
普通に他のバイト探すなり、そんな会社で働かなければ、いいだけだし、
そこで働く人がいるかぎりそのような会社が改善されることはないのだから
今の日本はロクナものではないのだから。
こんな日本社会なのだから『社畜』といった単語が普及するのはさも当然に感じてしまいます。

我慢して働き続けるのは美徳では無い。

インターネットを使って稼ぐ

インターネットで稼ぐ方法について紹介する。(公開日時: 2015年4月14日 @ 22:07)
何故かというと、『ネットで稼ぐ方法』で検索したら
無料ブログの小遣い稼ぎサイトが、上位に表示されていて、
こんなサイトが上位に表示されていたら、
それこそ稼ぐ方法ではなく搾取される方法なので、
ろくにインターネットで稼ぐ方法に辿り着けないままだと良いことにはならないのではないかと思ったからです。

アフィリエイトで稼ぐならアフィリエイトBを勧める理由

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

  • メーカー: かん吉
  • 発行日:2015-04-26
  • 人気ブログの作り方: 5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術

    最初にアフィリエイト

    当サイトでも、特定のページの特定の商品だけは、何ヶ月たっても、それなりに購入率がある製品がある。(ニッチすぎるので詳しくは言いませんが)
    ひとまず、どんなものであれ、人が購入するものは有る。
    それが普通のURLリンクでなく、アフィリエイトのリンクであれば、
    掲載サイトに収益が還元される。
    サイト運営者の⇒利益になる。
    これはブログでも
    twitterだろうと
    facebookでも同じだ。
    そもそもURLやテキストリンクだけで、普通の人はソースコードや、短縮URLなどは気にしいで(調べる事さえない)リンク先に飛ぶ。
    そのURLが、どういうリンクなのか?を一々気にする人は、少数派なのだ。
    リンク先が危機リスクがないのもどうかとは思いますが、これが実態。
    人はリンクを簡単にクリックする人が多いのだ。
    閲覧しているユーザーは興味が沸くリンク誘導であればクリックします。
    その結果収益が出ても、購入者やリンクを踏んだ人が損することも無いため、アフィリエイトリンクを掲載していても何も問題はありません。

    ブログアフィリエイトを開始して稼ぐには?

    アフィリエイト

    個人が運営しているアフィリエイト媒体で、数百万円稼いでいる人は結構いる。

    A8ネットのランキング上位者は、月に300万円程度の収益ベースがあることは公開されている。(匿名ですが)
    これだと年間数千万円個人で稼いでいることになる。
    別に情報商材を売りつけたり、アドセンス掲載サイトで高いPV稼がなくとも収益を効率よく得る方法があるのだから、アフィリエイトに専念するのが最も現実的に思う。
    ASPは、A8.netに一先ず登録しておいたほうがメリットは大きい。
    ついでアフィリエイトBやJANET等。
    バリューコマースや、リンクシェア・トラフィックゲートなどは管理画面が扱いにくいうえに改善される兆しがないので使いにくい。
    モパイル端末のアフィリエイトサービスも乱立しているので使いかっては難しい。
    ASPよりも他に楽天アフィリエイトやアマゾンアソシエイトなどでも稼ぎやすさはある。(ただし料率が低い)

    ECサイトを運営したりオークション出品で転売したりするよりも
    収益化率は圧倒的にアフィリエイトが勝っている

    ユーチューバー

    動画での収益化。これはGoogleアドセンスを用いた収益が主な収入源になるのですが、
    アドセンスアカウントを剥奪されたことがある人は一度BANされると再開するのは相当ハードルが高い。
    動画のコンテンツもセンスが問われたり、
    どうしても生配信者にありがちなネタに走ったり、
    ゲーム配信の収益化は著作権の兼ね合いで難しい面がある。
    動画を作成するのカメラや編集ソフト、編集時間でブログ記事よりも時間を割かれる面が痛い。
    あと動画で成功させる為のスキルやセンスがブログ記事よりもハードルが高いことがネックにある。

    桐崎栄二(きりざきえいじ)という高校生ユーチューバー月収150万超え
    現役高校生でもYouTubeで月収150万円というのだから可能性は凄く大きい。
    YouTubeでユーチューバー等で稼ぐ方法について紹介する。

    物販で稼ぐ

    電子書籍や
    オークション出品など、
    デジタルコンテンツの販売が最近では楽になっているので物づくりで販売したい人にはハードルが年々低くなっている。
    Kindleなどの出品も簡単なようなので、書籍を販売したい人は有利な世の中になっている。
    LINEスタンプなどの販売も良い例だろう。
    転売ビジネスでも可。
    オークションサービスも乱立しているような印象ですが、
    ヤフーオークションや楽天オークションなど既存会員が多いサービスなら売れやすい面もあるのかも知れない。
    アマゾンでマーケットプレイスに出品することも可能。

    SOHO

    クラウドソーシングで仕事を請け負う物の中に最も簡単に始められのは記事作成などの業務だろう。
    テレビで話題!SEO対策、キャッチコピー、ロゴ制作など、ダイエットから恋愛相談まで出来るココナラ
    これならタイピングが出来る人なら誰でも請け負うことが可能だ。
    しかしながら、この手のサービスで発注している人で、1記事30円とかいう
    アホスギル代価をつけている事例があったりするため、
    そういう案件ばかり受けていたら、時間給は、数十円でコキ使われることになる。
    搾取したがる発注案件は避けるべきだ。
    単価が安いと思った案件には関わるべきではない。

    小遣いサイト

    買い物だったり、アンケートサイトだったりこれらでもポイントをためて換金したり他のショッピングサイトで収益化することは可能だ。

      小遣いサイトとしては、

    • ポイントサイト(ポイントサイト経由でECサイトで買い物することや資料請求などでポイントが貯まる)
    • アンケートサイト(アンケートに答えることでポイントがたまる)
    • ブログ記事投稿サービス (ブログに指定条件のお題の記事を書いてポイントが貯まる)

    ただし、小遣いサイトやポイントサイトが間に入っていることで中抜きされているサービスであるため、還元率は低いことが多い。
    個人的にはあまり小遣いサイトはお薦めしない
    小遣いサイト(ポイントサイト)よりも、まだアフィリエイトや、オークションの方が実入りは大きいからだ。
    時間を割くなら、小遣いサイトやポイントサイトを見ている時間すらもったいない。

    総じて

    パソコンとインターネットだけで稼ぐ方法はたくさんありますが、
    その方法で働かなくても良いくらいに稼げる方法というのは草々無い。
    片手間にやっていて、小遣いの足し程度に稼げる事はあれども、
    毎月数十万円が簡単に稼げるのであれば誰も働かなくなる。
    効率よく稼ぐ為には、アイデアやセンス・嗅覚が必要だったり
    とにかくタイミングと運が必要になる。
    ビジネスを行うセンスと大差ないのがインターネットで稼ぐためにはどうしても必要になる。
    使い古された手法で誰もが知っている商材や手法で大きく稼げるようなことが出来無いのは、オフラインでもネットでも同様だ。
    ローリスクで生きたいのであれば、ネットビジネスよりもコンビニのアルバイトに応募していたほうが時給は保障されているし、食いっぱぐれるリスクも低い。

    稼げたらどうするか?

    一月数百円コンスンタンとに稼ぐことは割と簡単。
    数千円、
    数万円、
    銃数万円~
    とあフィリエイトだけで稼ぎ続けていくには、
    少ない案件数やジャンルでは難しい。
    多岐に渡って展開していく必要性が出てくる。

    リスク分散

    1つの方法でヒットしたとしても
    ある程度の段階で手法やジャンルを分散させていかないと、別の何かの要素が悪くなると稼ぎが極端に減ることがある。
    検索エンジンの結果だって変化するし、商品のニーズが減ることも考えられる。
    売っていた商品やサービスが販売(提供)終了になってしまう可能性もあるため、リスク分散すべきなのがネットビジネスだ。

  • アフィリエイトだけでなく、
  • 動画サイトの広告収益、
  • PPC広告を使ったアフィリエイトや広告出稿による集客、
  • 物品の販売(ネットショップ)
  • オークションなどの販売(せどりと呼ばれるジャンル)
  • コンテンツ販売(情報商材や写真画像販売や動画販売、LINEスタンプの販売や同人誌(個人誌)の販売 他etc)何でもデジタルデータは販売することが可能だ。
  • 投資(現物株式・為替(FX)・等)
  • 他にも多分気づかないだけで、ネットを通じて取引できるビジネスは五萬とあると考えられる。
    日本人向けだけにリーチさせようとしなくとも、海外のエリアを狙えば客になるかも知れない人は集客の見込みとしてはターゲット層が何倍にも広がる可能性があるジャンルもある。
    一時期稼げていてもある日突然稼げなくなくなって明日から0円というケースを避けるためにも収益の手法は分散させておくことが基本で大事だ。
    ASPがサービス終了だったり、
    アカウント停止だったり
    サーバーがクラッキングされてバックアップとっていなかったり、
    検索エンジンのスパム判定食らったりアルゴリズムの変動で一気に閲覧者数が減ったり、
    広告単価が下がったりするだけでも何十%も収益がさがるなんて普通にある。

    個人で毎月数十万、数百万を稼ぐのは相当ハードルが高い。
    もし今数百万加勢でいるドヤとしている人が10年後同じ方法で稼げているかは非現実的だろう。

    ポイントサイトは遠回り

    ポイントサイトや、懸賞サイト、アンケートサイトは塵が積もっても微々たるものでしかない。
    これで小額のポイントが稼げる事実はありますが、
    それよりもアフィリエイトサイトで1本売れる仕組みを作れる再現力を確立したほうが収益の安定性やページ作成に割く労働力、などで遥かに上回る。
    正直なところ、1000万円当選するどこぞのくじサイトなんざ
    一度も何か当選したこともないのですが、釣りにしか思えないサイトに幾ら期待しても無理です。
    昨今では出版社の当選者架空事例も告発で明るみになっている時代ですし、
    あの手のサイトを信用するほうが土台無理です。
    嘘を行っていてもバレナイという事業には関わらないほうがマシです。

    投資で気をつけるべきこと

    本を読め。
    バイナリーオプションには手を出すな。
    下手な商材を買うくらいならリターン効果は本の方が何倍もマシ。
    たまにPDFなどで何百ページでドヤとか言う商材数万円とかみかけますが、本(書籍)だと普通に300P程度で1000円程度です。
    価値も鮮度が新しくないと中身ののコンテンツは劣化が早いため、書籍でも、劣る事は度々ありますが、知識あたりの価値を積み重ねようとするのであれば、本の方が効率がよいです。(商材はものによりけり)
    銀行は儲けさせない
    銀行の人もとい会社は、手数料商売でしかない。
    投資信託も外貨預金も自身で売買したほうがマシ。

    バイナリーオプションに関しては、海外事業者は避けるべき。
    住民票免許証・クレジットカード番号出せ という事例や出金するまでに数ヶ月かかったというケースが多いため信用ならない。
    日本でバイナリーオプションを2015年時点で提供している会社があるのかどうかも知りませんが、距離をおくべき。
    普通にFX口座で取引していたほうがリスクは少ない気が強い。

    今後も変わるお金を稼ぐ方法

    お金を稼ぐ方法は今後も変わります。
    雇用されて働くことが戦後の日本では、主流ですが、
    それ以前は自営業者が殆どで、さらにその前は農業が主体だったような事例もみかけます。
    昨今1000万円以上は残業手合の支払い撤廃だとか、
    派遣社員の拡大、外国人労働者に依存するからのような政策にブラック企業を応援するかのような政権与党の意思が見え見えですが、今稼げている仕事で、来月・再来月と食べれるような仕事は草々無いと考えられます。
    弁護士だろうと国会議員だろうと、失脚したり、仕事を失う事例は存在します。

    人生のリスクも考える

    雇用保険や貯金・国民健康保険だけで、なんとかなる。
    と考えているのであれば、
    真剣に自分が数ヶ月倒れていても、勝手に収益が発生する仕組みを作ることは、有意義なことでは無いのでしょか?
    普通に考えでもコレが再現可能な方法は、インターネットにしかないと思います。