アフィリエイトで稼ぐ為の方法について紹介します。

インターネットで稼ぐ為に最もリスクが少なくコストが少ない方法は
アフィリエイトです。
やらないよりは、やっておいた方がプラスになる。
アフィリエイト専業でやっていく人も中にはいますが、結構修羅達が生きる場所の感じもするので割愛しますが
個人ブログでもアフィリエイトの有効利用はお勧めしたい方法です。
全くやらないよりはプラスになることだけは間違いない。
1円稼げることと、
やらずに0円のままでいるのとでは雲泥の差がある。

アフィリエイトのメリット

アフィリエイトは無料で出来る。
無料ブログしかなくても開始可能。
ブログに掲載しているだけで稼げる。
Twitterなどでも利用できるアフィリエイトサービスもある。
基本的には、まずアメーバブログやYahoo!ブログではなく、
GOOGLEのBloggerや、FC2ブログ、はてなブログ、ライブドアブログといった、アフィリエイト広告が原則ある程度は自由に掲載可能なサービスを始めることからスタートすればいい。

アフィリエイト初心者

最初に。
アフィリエイトを始めたことがない人は
楽天アフィリエイトから始めることをお勧めしたい。

楽天アフィリエイトのメリットとして楽天市場のどの店舗で利用しても利益が出る為、報酬につながりやすい。

楽天アフィリエイトで効率よく稼ぐには?

楽天アフィリエイトで効率よく稼ぐ方法について。
最も稼ぎやすいのは料率が高いバナーを掲載することだ。
楽天市場のアフィリエイトは、1パーセントが殆どですが、
中には5パーセントや10パーセントも存在する。
1%の商品を掲載するよりも5%や上の報酬率の広告を掲載していたほうが良い。
ABC MART 楽天市場 店舗

ABC MART 楽天市場 店舗


ABCマートなどに限っては、楽天市場のアフィリエイトだと料率が5%なので有利

次いでポイントとして押さえておきたい楽天アフィリエイトのメリットがクッキーの有効期間と範囲だ。
例えば、楽店市場の食品のバナーを掲載していても、
その後楽天トラベルなどを利用してもアフィリエイト還元されるメリットが強い。
(注意:ただし他のASP等 a8.netなどの楽天市場などはジャンル跨ぎのクッキーの取り扱いが異なるので極力楽天市場の、楽天アフィリエイトが良い。)

楽天アフィリエイトは、cookieは30日間有効なのでアマゾンアソシエイトよりも有利だ。

    Amazonアソシエイトのデメリット面
    日本のAmazonアソシエイトはクッキー有効期間が24時間と日本人から搾取しすぎなシステムだ。

  • ※アメリカのAmazon.comのアソシエイトなどだと7日間とかだったりする。
  • ※Amazonアソシエイトは国またがりではアソシエイト機能は作用しない。
    国ごとのアソエイトタグが必要。
    国ごとにアソシエイトのトラッキングIDが異なる。
楽天市場のアフィリエイトのデメリット

楽天市場のアフィリエイトサービスにもデメリットがある。

報酬率が1パーセントの店が多い。
このことで、1万円の商品を売り上げても、100円しか報酬は入らない。
100万円稼ぐ為には、1万個売り上げができないと到達しないのだ。
高料率ショップを狙って設置しても5パーセントの料率のショップなども限定されるため工夫しにくい面が強い
ただしこの事を入り口として、クッキーの恩恵を受けてアフィリエイト報酬を積み重ねるには、楽天アフィリエイトは取扱商品が多いことで有利だ。

クリック数が一定数あれば、楽天アフィリエイトは報酬が発生しやすい。
他にも、アマゾンと併用するか、
他ASPの広告を利用するかは商品のジャンルや特徴によって利点は異なる
楽天アフィリエイトのデメリット

楽天アフィリエイトは売り上げ管理が貧弱
どのサイトのどのページからの売り上げだったか把握することが出来ない。
アフィリエイトの管理ページの仕様は過去に何度かリニューアルされたり、
API仕様も変更されていたりするのだが、アフィリエイター向けの向上は見受けられない。
楽天アフィリエイトに比重をおいても稼ぎやい特徴は無い。

今後はECサイトよりも、本家オンラインショップの方が、期待できるのかもしれない。
商品によっては、楽天アフィリエイトのタグよりも適した商品があればASP広告タグなどを掲載したほうが売上の効率が良い場合はその他の広告を導入するというパターンが良い。
(ASPサービス通してのアフィリエイト利用)

もっとアフィリエイトで高額に稼ぐ。

より高額報酬を稼ぐためにASPアフィリエイト。
報酬額が高いアフィリエイト案件は、ASPで利用できる案件の商品で売り上げが出た方が効率が良い。
1クリックが、1千円程度~発生させることは、物販などのASP案件でこそなせる業で、アド型広告では絶対に得られない金額になる。
1成約あたりで、数千円から万円単位のものまで主流
アフィリエイトで稼ぐならアフィリエイトBを勧める理由
アフィリエイトBは広告切れが管理しやすいので運用がA8よりもわかりやすいと思う。
infotopとか最悪なレベル。(販売先ドメイン失効していても放置していて数か月後通知があるか否か)

売りさばき型はやめておいた方が

2016年1月、最近イ**ヤ系の 売り切り型コンテンツが乱発しているようですが、あーいうモデルでは長期的に良くは転ばない。
一昔前のメールマガジン登録促して、売り切る形と似たようなパターンだ。
WEBサイトで稼ぐというのは基本検索流入やTwitterなどからの流入で、コンパーションを得て収益という仕組みなので仕組みが異なる。
あーいう手法に力入れるのは一手ではあるものの、猿真似しようにも基本土台がないと無理。
それこそ与*なんちゃら氏と同様にハマルことになる。

旬が有る

デジタルコンテンツを売るという手法は、良い方法なのですが、記事の内容が時事に特化しているテーマだと破たんする。
これは、アフィリエイト商材でも同じことが言えるのですが、一定の期間だけ爆発的に売れて、後で一切宣伝に力を居れても売れない商材になってしまうこと。
こうなると労働型の仕事になってしまう。

アフィリエイトの魅力は病気で寝込んでいても収入が入る仕組みを構築することだ。
もしもメールを配信したりソーシャルメディアでの投稿をストップしたり
新規投稿を怠ると売り上げが上がらない・アクセス数が上がらず下がり続けるサイトであるなら一度方向性を見直した方が良い。