インターネットがスマートフォンで当たり前にアクセスできるようになり
SNS(Twitter・Facebook・Google+)や動画配信サービスが沢山乱立している中で
WEBへの顔出しのリスクについて紹介したい

ライブ動画配信サービスが当たり前のように増えていたりスマートフォン一つで配信できるようになっていたり
当たり前のようにユーチューバーといった単語が闊歩している世の中
バカッターのような事例は無くなることはないのがインターネット。
ここではインターネットで顔出しするリスクについて。

顔出ししてもいい人物

元々著名人ということであればWEB上での顔出しは避けられない。
危機管理リスクが責任取れる人は顔出しでWEBで活動しても問題ない。
経営者などでもプロフィール写真を掲載している人は多いものですが
彼らが必ずしもリスクが少ないわけではない。
家族の写真などを迂闊にアップロードしていたりするのはどうなのよと思う。
一般人・会社員などがWEBに顔出しでインターネット生活を送るメリットは一切ない。

嫉妬

人気がある
再生回数が多い
⇒稼いでいる
これらは嫉妬や妬みの的になる。
結果は容易に想像できる

顔写真無断転載

よくあるのが出会い系サイトのプロフィール画像に盗用されていたり
卑猥な掲示板などに無断使用されたりetc
インターネットにアップロードした画像は転載を管理することが出来ない。
一生画像は残るし、消したいと思っても一度ネットにアップロードしたら第三者の無断利用は歯止めが利かなくなる。

アンチ

街中で撮影される可能性
犯罪に巻き込まれるリスク
学校や職場に対しての嫌がらせや
掲示板等への誹謗中傷

土地的なリスク

アメリカなどの事例をよく見かけますが
日本とアメリカでは国土が違い過ぎる。
人口比率も比率は違う。
人口密度も異なる。
動画閲覧者との遭遇率という点でも日本は高い
知名度が上がれば上がるほどリスクは高まる。
無人島にでも暮らしているか引きこもり生活でも送らないと安心して暮らせないようになるのは面倒だろう。

アイドルが襲われた事件
地下アイドルのような人がファンに襲われたれ事件を考えると
下手に嫉妬深い狂気じみた人に付け狙われると取り返しがつかないことに巻き込まれかねない。

セコムのホームセキュリティで防犯対策