蛍光灯と違うLED照明について、照明は家庭内の電気使用量では実に第二位に入る電気消費量とのことです。
I/21SV5BL-E1L._SL500_.jpg” alt=”Panasonic LEDシーリングライト ~6畳 HH-LC463A” align=”right” border=”0″ />

Panasonic LEDシーリングライト ~6畳 HH-LC463A

そこで、通常の蛍光灯をLEDのライトに変えるとどれほど節約可能なのでしょうか?

スポンサード リンク

  • 低消費電力でエコってどのくらいなのか?
  • 長寿命ってどのくらい使えるのか?
  • 電球の違いについてはこちら
    消費電力が低い電球
  • LED照明の電気消費量

    昼光色の普段使いの蛍光灯の100パーセントのモードだと770円かかるものが
    某会社のエコナビ店頭というもので100パーセントと同等の光を出すのに、230円程度の電気代といいます。
    これは実に電気代を70パーセントもカットできるということなのです。

    LED照明の長所は寿命が長い。

    10時間点灯だと10年持つのが目安らしい。2013年度時点(寿命目安であり他要素で故障する可能性はあり。)
    本来LEDは、電気代が安いことよりも、寿命が長いことが強みでした。いまでこそ電気代高騰などでエコが声高に叫ばれているため節約の1冠として着目されがちですが、LEDは、長寿命で長い期間付け替えせずに利用可能なので機器的なコストも抑えることが可能なのです。(ちなみに私がトイレで利用しているLEDの天井につける小さなライトは、カレコレ2年間くらい付けっぱなしだったと思います・・・・昼光色の蛍光灯だと2か月位で交換していたものが・・)
    リビングなど常に使う蛍光灯もLEDに変えたくなります。

    約40000時間の長寿命 懐中電灯型「充電式LED省エネ電球」


    懐中電灯としても使用できるLED電球
    節電対策にもなる「充電式LED省エネ電球」は、普通の電球として使えば自動的に充電されるのでいざという時に、懐中電灯型緊急時には取り外して停電時に懐中電灯として使える

    同等の消費電力の電球では蛍光電球とLED電球は消費電力は同等だ。