女子中学生誘拐監禁の事件 マスコミの報道のやりかたがオタク差別を作る|事件
マスコミの報道の仕方がオタク差別を作るという事例。

女子高生アニメに熱中…寺内容疑者の素顔同級生語る

容疑者の実家は大阪府池田市にある。市立小を卒業後、大阪教育大付属池田中、同池田高に進んだ。高校時代の同級生によると、女子高生が主人公の人気学園アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」に熱中し、カバンには同アニメのキーホルダーを付けていたという。
日刊スポーツ 3月29日(火)9時51分配信 リンク切れ

東スポwwww

女子中学生監禁男「女子高生アニメに熱中」記事にアニメファン反発

 批判を浴びているのは日刊スポーツの「女子高生アニメに熱中…寺内容疑者の素顔を同級生語る」との記事。寺内容疑者の高校時代の様子を当時の同級生に取材したもので、同容疑者がアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のファンで、かばんにグッズをつけていたアニメオタクであったと伝えている。この記事はテレビのワイドショーでも取り上げられた。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/524236/

東スポも乗っかってきたが、どうでもいいかなぁ。

テレビ:マスコミの報道の仕方がオタク差別を作って


いつでも変な論調でマスメディアは二次元たたきますよね。

家出娘を養ってあげてたただのいい兄ちゃんだったのでは

監禁されてたけどインターネットも使えたから


どちらにしても血縁関係がない、未成年者を自宅に入れるのはろくなことにならないといえる。

あなたのための誘拐