地方・や田舎暮らしでの生活を求める人必見の本
0円で空き家をもらって東京脱出!


0円で空き家をもらって東京脱出! Kindle版
「過疎の地域へ飛び込む若者が増えている」(『里山資本主義』より)を地で行く30代漫画家が、尾道での移住生活をリアルに描いたコミックエッセイ。
今も年収は相変わらず200万円以下。
でも東京時代より人間関係も生活もずっと豊か!
とびぬけてリアルを描いた地方暮らしの本。
熊本出身で漫画家を目指すも挫折。

思うこと。
0円といつても建物は、修繕が必要だったりする。
トイレが和式だったり、壁がぼろぼろだったり、
都会暮らしの気分で田舎に行くと驚くことは多い。
田舎暮らしのメリット・デメリット

雑感

ドローン少年とか15-6歳で品川区で一人暮らししたいとかツイートしたりしていますが
無職で家賃相場や稼ぐ事の大変さしらないままに、信者からのお布施だけで銭かせぐような旨さをしった人には到底田舎に住もうという発想はわかないのでしょうね。
同様に高知県に住まいを移したブロガーも何で高知?という感じが強い。

地方の生活費が安いの罠|田舎暮らしは冷静に考えるべき理由