Google+(プラス。日本ではグーグータスなどという呼称がWEBで見られた)ついに2018年10月から10カ月以内にサービス終了ときいて
Google+(プラス) の前のサービスも終了まで短命だったのでひとまずググールプラスは長く運用されていたとは思う。
ちなみに企業向けのGoogle+(プラス)だけサービスは継続らしい。
Google+ページのことなのかね?※その後の調べだとどうも企業内部に特化したサービスの様子Googleページではないっぽい。

Google Wave⇒Google Buzz⇒ Google+、本当GoogleのSNSは短命という事に尽きる。
一つも成功していない。

Google+(プラス) サービス終わりらしい

Google+(プラス)が、どうなるのか?

終了時期:未定 10カ月程度とも 2019年8月が目安となる。
企業向けだけ継続
※企業ページだけ残して、個人ユーザーの利用は廃止したら絶対過疎ると思うのですけど。
実際どういうサービス終了という形になるのかは不透明な部分が多い。

ぬふふ.com Google+ページhttps://plus.google.com/+Nufufu?prsrc=5

思う事

Google+そのものは、さほど進化・変化が少なかったように思う。
しかしGoogleプラスの基本情報がGoogleの他サービスでも使われる仕組みになって行った事は大きかった。

  • 一時期Google+とYouTUbeアカウントで連動強めにしたかと思ったが
    その後は機能としてのYouTubeとの連動も弱く、Googleが他のサービスとの連動が強くなかったため内側に閉じ困るサービスでいつづけたこと。
  • ※生配信などのサービスはYouTubeから始動ではなく、Google+のサービス「ハングアウト」として開始した物が、YouTubeの生配信機能として移行したことは、悩ましい物もある。(Google+が絶対的にダメダメだったわけではない。)
  • GOOGLE MAP(マップ)の投稿とかGoogle+個人のページと連動しているのにあれも消えてしまうのだろうか?
    google-mapに投稿した例
    google-mapに投稿した例
  • Bloggerの投稿者のプロフィールもGoogle+が使われている。
サービス開始から滑っていた理由

2011年6月にサービス発表11月から本格開始のGoogle+ですが、最初から難があった。

    話題性も斜め上

  • 日本のGoogle+は、AKB48を使って流行らそうとしていたので、スタートから駄目だよなこのサービスと思っていたので、実はわりとどうでもいいかなとは思っていたり。
  • Google+連動した検索結果ページでの著者リンク表示も短期間で仕様は終わったりしていましたし。
    SEO的に何か効果の一助になるのか?と期待した時期もありましたが、本当不発すぎたといえる。
    Google検索の検索結果に表示される著者表示をさせる方法。

いまでこそAndroid端末もあるわけなので、検索エンジンとの兼ね合い、他社SNSとのデータ収集で、7年前よりも技術的に親和性がある広告配信だと、SNSの提供ゴリゴリできそうなのに、結局活かせずにGoogleのSNSは終了というのは、本当、今後どう立ち回るのが最適なのかはユーザーの判断によるのだろう。
期待すべき余地があるのは、YouTubeアカウントか?Bloggerアカウントになるのか?
グーグル本当何処を見据えているのかさっぱり理解不可能。

現状ではGoogle+とyoutubeの連動が、「Google+アカウント」と「チャンネル名(ユーザー名)」だけで濃いので、このあたりどうするのかは引っかかる要素となる。
変にGoogle+廃止したらおかしなことになると思う。

その他

ぬふふぬふふ

当サイトで、Googleプラスのカテゴリー作っていなかったのは、単にネタが少なすぎたからなのですけど、
本当目立ったこと一切しなかったよなと思う。


ぬふふぬふふ

Google+と他Googleサービスの連動「YouTube」「Googleのブログサービス Blogger」「検索結果(SEO)」など、ごり押しですすめていたのにこの結果はイラツク要素は大きい。


ぬふふぬふふ

過去にはこういう主張までしてきたサービスなのに、お前が先に亡くなるのかよという感じ。
Google+実名にかえろという通知きた・・・・・