ユーチューバー「PRするからタダで泊めて」⇒ホテルのオーナー激怒「今後、ブロガーは一切お断り」
→ホテルが糞
ユーチューバーも世間知らずのガキ
これは両者共倒れ事例だろう
ホテル側かがやり取り公開するのは取引の姿勢として愚か極まりない。
アイルランドのホテルが舞台
エルダービーというユーチューバーは:1995年12月9日とされており現在22歳。
22歳にしては変な事するよなと思えるが日本人ユーチューバーでもこの年齢でバカな動画しか投稿していない人は多いので割愛。

スポンサード リンク

内容

YouTubeで9万人以上のフォロワーを持つイギリス人のエル・ダービーさんが、アイルランドのホテルにタダで宿泊させてほしいとメールで依頼したことが、大きな騒ぎとなっている。

ただでホテルに泊まらせてというのは相当非礼極まりないか 頭がオカシイ人なのだというのは初見で分かる。

ホテル側の愚かな対応

ホテルが『彼女のメールの画面キャプチャをFacebookに公開した。』という行動に出たのは愚行
特定の人と人の間でしか閲覧できないメッセージを公開することは愚策。
ビジネスを行っている人が取る行為としては愚かだし信頼を損ねるには十分だ。
取引の内容がどんなに愚かな内容だったからといって世界に向けて公開する行為はBtoBの信頼損ねる。BtoCでも許容できない。

公開されたほうもやり返す

“晒された”ダービーさんは、ユーチューブで反論するのは必然だろう

しかしここでも無料で泊めてもらうことが普通とか語るのはバカだとしか思えない

ホテル側は再反発の愚かさは致命的
ブロガー全員に対して利用するなと言い放った愚行
これは愚か

サービスの料金に対しての価値と分配について細かな知識がない稚拙な子供が相手だった問題点は大きくこれが最初の火種だということは根底だ。
しかし大の大人のホテル側が最初にFacebookメッセージを公開したことが致命的な欠陥が有る。このホテルも大人の対応を知らない会社なのだろう。
私ならこのうような商業施設を利用したくはない。
万一の時にFaxebookメッセージを公開するような企業なのだから。
メール公開するような法人と取引したいと考えるだろうか?

ホテルも、該当のユーチューバーも擁護する材料が見当たらない
唯一、ためになる点としては無料で商業サービス利用しようとたかるのはアホだということだろう。

ユーチューバーとかブロガーで有名なホテルや商業施設になったとしても客が一般客ではなくブロガーやユーチューバーしかいなくなるとデメリットもあると考えられる。
ただし今回の対応でホテルの信頼は地に落ちた。

文字『ホテルも糞:ユーチューバー「PRするからタダで泊めて」⇒ホテルのオーナー激怒「今後、ブロガーは一切お断り」』