キンドル(Kindle)

キンドル(Kindle)とは、アマゾンが販売している電子書籍のこと
携帯端末やkindle(キンドル)アプリで閲覧することが可能。
PCではアプリの他、ブラウザでも一部の書籍は閲覧可能。

キンドル端末

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

2016年現在では電子書籍のKINDLEを閲覧するのに必ずしもキンドル端末が必要ではない。
ただしキンドル端末がある方が読みやすいというユーザーも一定数存在している。
Amazonプライム会員だと割引セールが行われていたりもすることが多くそれなりの利用ユーザーはいる模様。

電子書籍としてのキンドル

Amazonと出版社は時折問題が起きている。
これは権利に関するものや報酬やランキング操作に起因するものが殆ど。
売り方・売り場をアマゾンが一括で独占しているAmazon.co.jp内において
従来は書店との旧態全とした卸売りしかしてこなかった出版社との摩擦は大いに目を見張るものがある。
日本でも各社電子書籍出版や、ソニーの電子書籍端末が販売されていたが、ECサイトの巨人に成長していたアマゾンとの商売はスムーズには難しい面が大きいようだ。

アマゾンのKindle(キンドル)本が、日本も、PCで読めるようになった!!!!!!

PC
kindleで読めない本

Amazon(アマゾン)が販売している電子書籍はKindle(キンドル)というサービスですが、 過去Amazon.comなど英語圏のkindleは、PCでも閲覧できていたのが日本だけPCでの閲覧はできなかった。 (そもそも国ごとでログインできるアカウントが異なるので、kindleの利用では不便すぎる) ひとまず日本でもPCでKindleが読めるようになったとのことなので紹介します。

KINDLE無料の本もラインナップ豊富。Amazonの期間限定 無料お試し版というサービス内容が斬新。

スマートフォン

本を買うなら、まずKindle試した方が無難なサービスになってきた理由。 無料本が多い事。 上下巻セットで1冊にまとめた製品があること。(たとえば万能鑑定士は全巻セット販売の商品がある) 鹿の王(上下合本版)なども1冊でKINDLEでは販売されている。 期間限定のキンドル本のセールスも多い。 デメリットしては、2015年時点では、新刊は、どの電子書籍端末でも遅いことはどこのサービスでもにたようなものです。

電子書籍とキンドル(Kindle)

PC

電子書籍とキンドル(Kindle)について、過去に何度かAmazonのの価格で電子書籍を買おうとした。しかしスマートフォンやタブレット(iosかAndroid)端末かKindleを保有していないと電子書籍の購入や利用は出・・・

ページの先頭へ